スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ライブレポート】東ベルリンで聴いたクレズマー音楽~ギンツブルク・デュナスティ

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大
12月25日(月)、小雨降るクリスマスのベルリン、シェーンハウザー・アレーのロシア・レストランVolandにて、クレズマー・バンドのギンツブルク・デュナスティ(Gynzburg Dynastie)の演奏を聴いた。

◆ギンツブルク・デュナスティ画像

クレズマーとは東欧とドイツを発祥地とするジプシー音楽で、アメリカに移民した東欧系ユダヤ人たちによりアメリカン・ジャズの形成にも多大に寄与した。1990年代にはニューヨークを中心とするニューウェイヴ、前衛音楽やジャズに影響を及ぼし、ジョン・ゾーンもクレズマー音楽を演奏。日本においてもRCサクセションのサックス奏者、梅津和時や、ヒカシューの巻上公一、JAGATARAサックス奏者、故・篠田昌已などがクレズマーの楽曲をレパートリーに加えている。このように、日本においてクレズマーというのは、いわゆる“音楽ツウ”なら知っている、ジャズとフォークダンスをごちゃまぜにしたような、ゴキゲンでセンチメンタルなダンス・ミュージックで、加えて上記アーティストの音楽性にも通ずる根源的にパンクな性質を持っている。筆者もクレズマーの大ファンで、20年以上前からクレズマー音楽のCDやレコード、テープを手に入るものならばほとんど買い漁ってきていたりする。

さて、ロシア・レストランVolandは、クリスマスを祝う家族たち、恋人たちでいっぱい。ギャラリーは「さあ、いまから音楽を聴こう!」と全く構えてい無い普通の“飲み屋”(Kneipe)の光景のなかに、クレズマー・バンド、ギンツブルク・デュナスティが登場!クラリネット、ギター、キーボード、ドラムスの編成。メンバーはほとんどがロシア系ドイツ人の家族のようで在る。メンバーも「さあ、これから最高の演奏をしてやるぞ!」的な気負いが全く無い。演奏が始まっても、オシャベリしたいギャラリーは、ずっとオシャベリしている。しかし、クレズマー音楽自体、結婚式のBGMなどとして継承されてきたことを考えると、それはそういうものなのだろう。あくまでも、人間が人間としてフツーに暮らしている背景に音楽が在る。人間の集いの現場に根ざした音楽がそこに在るだけ。この音楽との距離感って、(僕個人は)日本ではあまり体験出来なかったなぁと感じる。

ギンツブルク・デュナスティの演奏はものすごく軽快でダンサブルで素晴らしい。クレズマー音楽にせよ、ケルト音楽にせよ、基本的には2ビートに依存しながら、その2ビートをフラッシュバックのように高速な走馬灯のように、瑠璃色に変色させるところが素晴らしい。タイトなドラムスが素晴らしい。クラリネットのアドリブも素晴らしい。演奏が進むにつれ、冒頭でオシャベリしていたギャラリーも示し合わせたかのようにコーラスを合わせ、終盤に向けライブはどんどん盛り上がっていく!なんなんだろう、こういう空間って?なんなんだろう、この共同性って?筆者、生稀て初めてのベルリン、クレズマー音楽の生ライブは、言葉どおりエキサイトの渦のなか終了した。

ロックにせよ、ジャズにせよ、ポピュラー音楽のルーツを辿っていくと、すべては黒人、ケルト、ユダヤの3民族の音楽から生稀ている、と僕は脳味噌使って答えを出していたりする。まあ、ありがちな系譜図なのかもしれ無いが。プレスリー、エリントン、ガーシュイン、ロバート・ジョンソンたちもその3民族の織りなす交差点に立って音楽を生み出してきたと思う。そして、その背景には、今日ロシア・レストランVolandで見たようなフツーの人々のフツーの生活があって初めて、彼らはその音楽を生み出せたのだと感じた。あたりまえのことなもかもしれ無いが、しみじみと感じた。

こういった空間・時刻を、チャージ+ビール2本+体の芯から温まるロシア料理+チップ含めて、たった1,500円くらいの出費で体験出来るからベルリンの文化環境は驚くべきものだ。

文:Masataka Koduka

◆Ginzburg Dynastieオフィシャルサイトすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ







カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



amanoyuri1さん

料理することは無い女って飯とかマジでどうしてんの?
大学行って一人暮らしとかする女もカーナーリいるだろ?
三食ぜ~んぶ外食とかさすがに無いだろ?
弁当ばっか買っていく女もあまり見無いし
一日一食くらいは作る機会も有るんだし、
結婚して子供出来たら料理も出来といた方が好いだろ?
なら料理やっとこうかなとか何でなら無いの?つーか飯とかどうしてんのほんと




ベストアンサーに選ばれた回答


wwmn2117さん


はい、私料理することは無い女です。っーか、料理する時刻が無いんですもの(笑)
今の世の中、料理なんぞしなくても普通に生活出来ますもの。仕事に行けば食堂有るし、仕出し弁当も有るし、24h営業のコンビニやスーパーに行けば、真夜中でも食べ物に有りつけるし~。
はっきり言って、仕事の時は一食たりとも料理はムリです。そんな時刻ありません・・・気づいたら寝てるし・・・。料理にかける時刻があれば、眠りたいです、私は(苦笑!)
でも、料理が出来無いのではありません。これは、名誉(笑)の為に言いますが、時刻があれば作ります。特に、自分自身の為に作るのは、カーナーリ空しい・・・。結婚して子供でも出来れば、事情は変わりますがね~。




【ライブレポート】東ベルリンで聴いたクレズマー音楽~ギンツブルク・デュナスティ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121226-00000837-bark-musi


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。