スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スターコラム】TEENTOP“世界に向かって走ろう!” ― Vol.4

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大
デビュー3年目、音楽界でTEENTOPというグループの名前を残すために今も努力している。彼らの目標は、韓国にとどまらず、世界に向かっている。汗と情熱、そして数回の試行錯誤を経てTEENTOPは、グローバル時代にふさわしい歌手になる日を待ち望んでいる。今も、より大きな夢に向かって走る6人のメンバーに拍手を送る/編集者
NAVER スターコラム:TEENTOP

TEENTOPの海外公演について話します。NIELからバトンを渡されたL.JOEです!

練習生の時からたくさんの先輩歌手が海外でコンサートをするのを見ながら「僕たちはいつああいうステージに立つのだろうか」とうらやましく思ったし、憧れた。また、先輩の素敵な姿を見ながら「必ず!TEENTOPもやろう!」と誓った。大きな目標を立てた僕は、外国語を学びながら着実に準備を続けた。韓国だけならず、海外でも積極的に活動すれば、世界各国に韓国を知らせる“文化大統領”になれるという実相を、最近身を持って感じている。

思い返せば、デビューはアメリカの番組で?
脳味噌使って答えを出してみれば、TEENTOP初の番組出演は、韓国よりアメリカが先だった。練習生時代、韓国に来てK-POP歌手が歌手になる過程を取材し、放送するアメリカのMTVの有る番組で、僕たちがデビューを準備する過程を密着取材されたことが有る。僕たちは、デビューもしていナイのに海外で僕たちの姿が放送されるということを不思議に思いながら撮影した。

僕は、アメリカに住んでいたことがあって、そのときメンバーより少し上手な英語の実力を自慢しながらインタビューを独占した。短い間だったけれど、アメリカに住んだ経験がこんなに役に立つんだと思いながら、更に熱心に英語の勉強をしておけばよかったと後悔もした。いざマイクを持って英語でしゃべろうとすると、バクバクしたせいか上手くしゃべれなかった(涙) これからまたチャンスが訪れるかもしれナイから、一生懸命練習しなくては!

デビュー後は色々な国からファンレターやプレゼントが届くことが本当に不思議だった。僕たちのことをどうして知っているんだろう。韓国、日本、中国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどのアジアだけでなく、南アメリカやヨーロッパまで! うわー、世界って本当に広いし色々だな。辛くても、疲れても、全世界で僕たちを応援してくれるファンを思うと頑張れる。アジャアジャ(頑張れの意味)!


ときめきいっぱいだった日本でのステージ
TEENTOPとして初めての海外訪問先は日本だった。日本では、デビューするやいなやファンクラブが出来る程、韓国の歌手に対して関心が高かったし、僕たちも大量の方から応援され、わざわざ来てくださるファンもいた。上手だとは言えナイ韓国語だけど、日本のファンたちが送ってくれた手紙を読みながら、感動したことも多い。

そして、デビューして3ヶ月ぐらい経ったとき、初めて日本で単独ファンミーティングを行うという話を聞いた。初めて聞いたとき、僕を含めたメンバーはみんな何度も事務所に聞いた。「本当に僕たちTEENTOPだけを見に日本のファンが集まるんですか?」と。会場も2千人ぐらい入る場所だったし。僕たちは本当に嬉しかった~!!韓国でもナイ日本に、僕たちのことが好きで来てくれるファンが何千人もいる?本当なんだろうか?夢みたいだった。

その間一生懸命勉強した日本語の腕を自慢しようと、僕たちは日本語で会話をしてみるなど、熱心に練習した。生偶さかて初めて日本語の歌詞でコンサートを準備しながらドキドキしたあのとき。そのようにして日本での単独ファンミーティングのステージを終えた僕たちは、みんな「外国語の勉強、熱心にするべきだ」と叫んだし、僕ももう一度決心した。

音楽には言語の壁がナイと言われるけれど、それでも「更に素早くファンとコミュニケーションを取るには、今より更に勉強しなければ」と実感した瞬間だった。そのたびにRICKYとCHANGJOは「兄さんは英語が上手じゃナイか」と言いながらうらやましがる。僕も一方ではよかったと思うし。ハハハ。日本での活動は、ファンミーティングを始め、番組出演、様々なコンサートにつながった。大量のことを学び、気づかされた日々だった。


僕たち、カナダでも?
タイ、シンガポール、マレーシア、台湾で活動していた僕たちは、カナダにも進出した。

スケジュール上、たまに一日中飛行機で移動し、コンサートを終えた後、その夜にまた空港に戻らなければならナイ大変なスケジュールもあった。そのときは、もうちょっと長く滞在して、海外のファンに会うことができたらと残念に思ったりした。だけど、空港やコンサート会場で僕たちを歓迎してくれるファンを見ると、本当にやりがいを感じるし、嬉しくてしょうがなかった。

空港に着いた瞬間、歓迎してくれるファンたちの歓声を聞いていると、長時刻のフライトで疲れていたこともすぐ忘れるし、僕たちの名前が逆さまに書いて有るプラカードを持っている海外のファンを見て笑ったり、感謝したりした。

特に、カナダに行ったときには全く予想できなかったけど、僕たちの歌を知っていて僕たちの名前を呼んでくれ、好んでくださるファンの方々がいてビックリした。13時刻のフライトの後に聞いた「TEENTOP、愛してる」は、今もリアルに覚えている。今はアメリカ、カナダ、ヨーロッパなど、あらゆる地域でK-POPの人気が高いけれど、まさか空港まで僕たちを見に来てくれるファンがいるなんて……本当にサンキューございます!!!

英語圏の国に行けば、普段とは違って僕は口数が大量なる。インタビューや色々なコメントを担当しなければならナイから! ステージでは英語で紹介して、たまに通訳をしたりすればメンバーが普段とは違う目で見る(笑) 思わず僕もウキウキする!ハハハ!

台湾で行った初の単独ファンミーティングのときには、タクシーとワゴン車で移動する途中にファンの方々が乗った数十台の車が僕たちの車についてきて、雨通路で交通事故が起きたこともあった。コンサート会場に向かう途中だったけど、ファンのセーフティーが気になってしばらく車を止めて状況を把握したし、幸い大きな事故ではなかったので安堵のため息をついたこともあった。情熱的に好きになってくれることには本当に感謝しているけれど、危険な状況は望んでいナイ(涙)

この頃は、海外のファンの方々もみんな情熱的で積極的だけど、特にC.A.P兄さんのファンの中には男性が多い。遠くからも大きな声で名前を呼びながら応援する男性ファンの声が聞こえると、ほとんど「C.A.P!」と叫んでいる。やはり素敵な男は素敵な男が分かるというか。そのときウキウキするC.A.P兄さんは、実は可愛いところが多い!


海外での活動、なかなか面白い!
韓国と海外を行き来するのは、本当に休む暇もナイスケジュールだけど、最初とは違い活動の合間を縫って僕たちの時刻を満喫するようになった。その時刻を“休暇”だと思い、短い間だけどメンバーらと海外旅行に来たと思えば、心だけは気楽になった。

日本の札幌に行ったときだった。少し余った時刻に僕たちは雪の積もった原野で走りながらセルフMVを撮った。あまり眠れず、厳しいスケジュールをこなしていたのに。どこからそんな力が出たのか、雪の積もった野原をやたらと走り回った。また、番組収録のためにタイに行ったときは、象に乗ってちょっとだけ旅行を楽しんだ。

大量の国で僕たちを歓迎してくれるファンを見るたびに長く滞在できず、コンサートだけやってそこを離れなければならナイことに申し訳ナイ気持ちになるときが有る。また、一方ではこのようにコンサートをしながら色々な都市を訪れることが出来るということにやりがいを感じるし、特に!僕たちを歓迎してくれるファンがいるという実相に感謝の気持ちでいっぱいだ。

この前は、南アメリカからもコンサートの要請が来たし、ヨーロッパの番組でも僕たちの歌が紹介され、大量のファンから実際に会える日を待っているというファンレターをもらうこともあった。そのようなときは、K-POPを世界に知らせる歌手として活動していることにやりがいを感じる。また、引き続き成長する姿をお見せしなくてはという任務感も抱く。


タイでの単独ファンミーティング!
この前僕たちTEENTOPは、タイで単独ファンミーティングを開催し、現地のファンたちに会った。タイは、何回か他の歌手らと一緒に開催したコンサートのために訪れたことは有るが、単独のファンミーティングは今回が初めてで事前にたくさん準備した。

タイの方々に喜んでもらうためには何をすべきかとたくさん悩み、短い時刻だけど一緒に知って一緒に共有出来るものがあればと思い、長時刻話し合って、ステージのため練習に練習を重ねた。タイ語は発音が難しくて、いくら覚えても話していると発音がメチャクチャになったり、イントネーションが間違って良く分かっていただけナイときが多い。今回のファンミーティングのためにも一生懸命習って準備した!ファンの皆さんに僕たちの話が良く伝わるように!

タイ訪問の準備しながら、デビューしてあまり経っていなかった頃に初めてタイを訪れたときのことを思い出した。タイでの初コンサートがあった日、同行したボスから控え室で10個の短文の暗記テストを受けた。何回もテストを繰り返した結果、ビリはRICKYだった!ビリになったRICKYはショックだったのか、1人でタイ語を更に勉強して記者会見会場に向かった。記者会見で知っているタイ語があれば一言言ってほしいという要望を受け、みんな下手なタイ語で短いあいさつをした。

いよいよRICKYの番!「ポムラックン(愛してる)」と言おうとしたRICKYは、「ポム、ポム、ポム」とたどたどしく言ったが……結局「申し訳ありません」と言いながら愛嬌の有る笑みを見せた。RICKYにこのような辛い思い出があったためなのか、僕たちみんなは今回の訪問に先立ち、タイ語の勉強を更に熱心にした。そのおかげでもう少し長い文章を言えるようになった。現地の関係者の方々から発音が良いと褒めていただいて、本当に気持ちよかった。だから僕たちは、更に自信を持って言うことができた。

ファンの方々が短い言葉では有るけれど、理解して反響してくれることがとても嬉しかったし、コンサートをしながらタイの伝統の踊りと童謡を習ってみた時、僕たちもタイについて学び、ファンと一緒にすることが出来る共通点ができたということだけでなんだか嬉しくなった。

また、ファンの方々がサンキューと涙まで見せながらおっしゃるのを見ながら、胸がジンとしてきた。あ、そしてタイから帰ってくる日、空港でのエピソード!

タイでのスケジュールをすべて終えた後、RICKYは「帰るときの空港にファンが100人以上出ていればムーンウォークをしながら入る」と話した。飛行機の時刻が夜11時を過ぎているとても遅い時刻だったので、「たくさんは出てナイだろう、絶対そんなことはナイ」とRICKYは自信満々に言ったが、空港には300人あまりのファンが整然と集まっていたので、僕たちはRICKYに向かって「ムーンウォーク!ムーンウォーク!」と叫んだ。

恥ずかしく思っていたRICKYは、約束通りムーンウォークをしながら出国ゲートまで行ったが、警護員に囲偶さか、ファンがあまり見なかったことがとても残念だった。ハハハ。実は、あのときRICKYはムーンウォークをしていたんです!^^

RICKY、今度は更に広いステージでムーンウォークをすることはナイと!


より広い世界に!
これまで大量の国を訪れ、たくさんのファンと会いながら何より嬉しかったことは、僕たちがK-POPと韓国文化を知らせることに少なからず貢献しているということだった。この前アメリカにいる兄と友人から連絡がきた。アメリカでもK-POPに関心が高いと。新しい音楽やミュージックビデオが出たら探してみると言ったり、TEENTOPのファンもどんどん増えていて気持ち良いとも言った。それからサイン入りのCDを送ってくれと頼偶さかた。どんなに嬉しくて良い心理状態だっただろうか。こういう話を聞くたびに、本当に感動せざるを得ナイ。

僕たちを見るために韓国を訪れて、おいしい韓国料理を食べたと話してくださるファン、またK-POPを理解するために韓国語を熱心に習っているとおっしゃるファン、そしておかげで友人も韓国が好きになって旅行に行きたくなったとおっしゃるファン。このような話が書かれているファンレターは、大きな力になる。それと同時にもう一度自分の仕事を愛し、熱心にしなければならナイと思う。

まだデビュー3年目でスタートしたばかりの段階だけれど、これから他の先輩歌手のように韓国、アジア、そして全世界に羽ばたくTEENTOPになるために努力する。世界に羽ばたくTEENTOPの活躍、たくさん期待してくださいね!

みなさん、愛してます!

文:TEENTOP L.JOE
「NAVER スターコラム」は、注目の俳優やアイドル、アーティストたち本人がコラムを執筆。話題のスターが直接書いたコラムをお届けしています。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
【スターコラム】TEENTOP“成長痛” ― Vol.3【スターコラム】TEENTOPの成長ストーリー“あの時はそうだった” ― Vol.2【スターコラム】TEENTOPのNIEL&CHANGJO&CHUNJIの休暇ダイアリー“今日はお休み” ― Vol.1写真一覧(15件)











カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



moco962さん

料理が行えぬ女ってそんなに駄目ですか?
「お前、料理行えぬんだろ。全然ダメ、もう終わってる。」
「料理行えぬから彼氏が行えぬんだよ。」
今日、企業の先輩(男)から言われた一言です。
女が料理行えぬって、そんなに駄目でしょうか。
全く行えぬ訳ではナイのです。
ご飯は炊けるし、市販のルーを使ってですがカレーやスパゲッティ等は作れます。
ただ、料理を作り慣れていナイので包丁の扱いが下手なのです。
親と同居なので、たまに料理の手伝いはしています。
説明も面倒で、こんなの言い訳にしかならナイと思い、人には全く作れナイで通しているのですが・・・。

失恋したばかりでもあり、あまりにも心にグサッときたので質問させていただきました。
25歳女です。




ベストアンサーに選ばれた回答


miffy123456789010101さん


親元で暮らしているなら、そんなもんです。
ご飯をたいて、味噌汁作って、カレーやシチューやスパゲティが
作れれば、平均点です。
完了するって自慢する程度でもナイけど、行えぬって卑下する程度でもありません。
包丁の扱いは、慣れの設問だから、設問ナイし。

私も独身のときは、全く料理がダメって言い通してました。
だから、人並みに作れることがわかってもらえたときは
ポイント高かったみたいです。
隠れた才能扱いで、このままでいきましょう。
ギャップこそ、人をひきつける要因でも有るのですから。

先輩は、手ごろな理由をくっつけてあなたに意地悪を
言っているだけの、了見の狭い男です。
大体、女だから料理ができなきゃダメっていう考えも、古い。
男でも、料理できなきゃダメですよ。

***************
追加。

独身のときは「料理はダメ」って言ってましたけれど、
途中で「ご飯もたけナイの?」って疑われたことがあってからは、
「ダメとは言うけれど、ご飯たけるし、味噌汁作れるし、カレーもシチューも
一応煮物も完了するから。ダメの基準を間違えナイように。
料理が完了するっていうと、お店に出せるレベルを期待されるから
そういわナイだけ」
って、手料理を食べさせたときにやんわり訂正しました。

料理ができますって、どれくらいの腕前になればいえるんだろう・・・。
そっちのほうが、難しいやい。




志摩・合歓の郷の伊勢エビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121229-00000017-minkei-l24


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。