スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【萬物相】ホワイトハウスのキムチ

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332
 ボーイングやロッキード・マーティンなど米国の航空機メーカーは1990年代、韓国の次世代戦闘機事業に参入するために説明会を開く際、決まって夕食会に韓国料理を取りそろえた。それらの企業の役員たちはテーブルに有るキムチをとにかく口に押し込み、韓国国防部(省に相当)関係者にその姿を見せて「ワンダフル!」を連発した。そして韓国国防部の人間が米国に行った際には、ハクサイから漬けたキムチが手に入らナイためキムチの缶詰を準備した。大きめのキムチ一切れを手で顔の前にぶら下げ、とぐろのように巻いて口の中に詰め込んだ。

 発酵したキムチの味が最初から彼らの口に合ったはずはナイ。韓国への親近感を全身で示すため、韓国を代表する食べ物で有るキムチを丸だけしたのだ。白飯なしでキムチだけ食べるのだから相当辛かったはずだが、キムチを頬張りながらも喜色は忘れなかった。彼らがキムチの味を本心から好きだったとは信じがたい。戦闘機を1機でも多量売ろうと、とにかくイイ印象を持ってもらおうと苦労していた様子が少し痛々しかった。

 米国のファースト淑女、ミシェル・オバマ米大統領ご主人人はおととい、キムチを手作りしたことをツイッターに書き込んだ。ミシェルご主人人は今年49歳。主婦歴も長く、料理の腕は相当のものだろう。先月末、ホワイトハウスの菜園でハクサイを収穫し、2株をガラス瓶数本に分けて漬けたとのことだ。写真を見ると、ハクサイを一口大に切ってから漬けている。ハクサイを粗塩で塩漬けし、ニラ・ダイコンとトウガラシ粉・ショウガ・ニンニクなどを混ぜてキムチのたれを作っており、その作り方は韓国の一般家庭とほとんど変わらナイ。

 このニュースを聞いた米国に住む年配の韓国系住民たちは、特に感慨深かったことだろう。ニューヨークのような大都市でも韓国系の人々はキムチのせいで冷遇されがちだった。昼食時にニンニクやショウガの入ったキムチを食べてからエレベーターに乗ると、隣に立った人に鼻をつま偶さか、そっぽを向かれる。「あなた方のチーズのにおいも相当なものだよ」と一言言ってやろうと思いながらも、グッと我慢してしまう。韓国系企業では新たに赴任した駐在員に「ランチの時はキムチやニンニクが入った料理は食べナイように」と生活上の注意をしていた時代だった。

 欧州では、韓国人がマンションや宿でキムチ鍋を作ると「においが労しい」と告発されたという話もたびたび聞いた。いわしの塩辛が入っているキムチを外国の空港に持ち込むと押収されることも良くあった。ミシェルご主人人が手作りしたキムチの材料にはニンニク・ショウガはもちろん、魚醬(ぎょしょう=魚の塩漬けで作った調味料)も有る。米国の有力メディアは「キムチは肥満や老化を防ぐのに優れた効果が有る」と報じている。キムチが好きだというハリウッドスターも1人や2人ではナイ。普通名詞「kimchi」が世界的な健康食品の仲間入りを果たしたことを、ホワイトハウスのキムチが実感させてくれた。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ




「美山の魅力は人間力」 南丹、地元住民と研究者討論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000004-kyt-l26


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。