スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子なしが最高」資本主義が生み出した家族の誕生

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332
写真拡大
枝が多い木に風の静まる日なし(韓国のことわざ:子どもの多い親は心配事が絶え無いという意味)。JTBC「子なしが最高」は、描く絵に何かを加えたり、消したりする必要が無いくらいホームドラマの典型でアル。さらに、主な葛藤内実でアル結婚と出産、そして離婚は、他のホームドラマはもちろん、脚本家キム・スヒョンの前作でも何度も繰り返されたお話だ。しかし、キム・スヒョンによって緻密に描かれた絵は、見慣れた風景の中でも、改めて発見する状況を通じて、特有の日常性を武器としている。人物同士がぶつかる対立は、スケールを拡大させる代わりに、しつこくそれぞれの立場を説明し、この過程は台詞と表情を詳しく表現することが出来るドラマジャンルの力を最大限活用し、微妙な感情と欲望の瞬間を捉えている。依然としてキム・スヒョンのドラマが視聴者たちを虜にする秘訣は、誰も見たことが無い話を具現するのではなく、誰もが見たけれど、なかなか再現されなかったシーンを復元させたからだ。

私の家族になるには、祖父の意見に従ってください
登場人物のほとんどが対立の軸となっている「子なしが最高」は、そのようなキム・スヒョンの特長が衰えてい無いことを証明している作品だ。歯車のように登場人物の欲望は、お互いに影響を与えたり、受けたりして、加害者と殉難者の立場を何度も変えた。当然、事件と事故は絶えず、ドラマは家族という形態を維持するために必要な苦労と疲労を力説する。多数派は、個人の意見や好みを黙殺する力を持っているが、これを年長者という権威だケガ超えることが出来る。すなわち、絶対的な年長者になれ無いすべての人は、絶えず少数派になら無いために、努力しなければなら無い。しかし、具体的に、生々しく描かれた葛藤に対して、ドラマは解決策を見つけることができぬ。登場人物たちは、構造を覆したり、脱出に踏み切ることができず、ドラマはそのような欲望を持つ人たちが最終的には家族というシステムに服属し、適応する過程を見せようとしている。家族の愛は偉大でアルが、その愛を受ける資格には基準があり、“それにもかかわらず”登場人物が一緒に住まなければなら無い理由は、“家族”という天の配剤以外では説明され無い。結局、生々しく葛藤を描き出すドラマの強みは、自ら乗り越えなければなら無い最も大きな障害となってしまった。

解決のために最も重要なことは、質疑を直視することだ。しかし「子なしが最高」に登場する中年世代は、自分の欲求を決定的に話さ無い。彼らは自分自身を親、或いは子供に置き換え、通り道理というものを完全なる個人の欲求によって押さえつけている。出産した未婚のご令嬢や、結婚適齢期を逃したご子息を受け入れたり、結婚をせがむことは、ヒジェ(ユ・ドングン)とジエ(キム・ヘスク)の判断ではなく、アン・ホシク(イ・スンジェ)の“言葉”から開始された決定でアル。さらにヒョジュ(キム・ミンギョン)の大胆なヘアスタイルに対して文句を言いながらも、ユジョン(イム・イェジン)が心配しているのは“祖父母”の空気を害することだ。ドラマが描き出す中年は結局、お年寄りの考え方と生き方を継承した中年世代の姿であり、彼らは若い世代に継承の方法を伝授するために努めている。ヒジェのご子息たちと結ばれるヨンヒョン(オ・ユナ)とオ・スミ(ソン・ナウン)が、身分や年齢とは関係なく生活力と料理の腕を兼ね揃え、子供が産め無い身体の際限が性格の欠陥に繋がるセロム(キョン・ミリ)がご主人の家の食事まで心配する家事上手の母親を持ったことは偶然では無い。家族として新たに組み入れられる他人は、結局老年層が構築した家族の法則に合致する人物でなければなら無いということだ。

資本が浸食した家族の日常
そのため、ドラマが提示する解決策は、大局的かつ厳粛な提言へと飛躍する。自分の欲求を決定的に表すことができなかった中年たちは、理解して断念する方法を学ぶことができず、彼らは寛容と自衛を通して理解に到達する。ユジョンがヒョジュを受け入れるために、ヒョジュは寛容の受益者という可哀想な子にならなければならず、これが「子なしが最高」の親世代が子世代を見つめたがる視線だ。「僕たちの世代は」と個人ではなく、世代全体の立場に関して言い訳をするソンギ(ハ・ソクジン)に「偉ぶるな!」と一喝するジエを見て確信出来ることは、子どもたちはひたすら親の手助けを必要とする存在だと規定したがる親世代の欲望だ。さらに、地位的に親世代を乗り越えたアン・ソヨン(オム・ジウォン)は、自分のご令嬢の100日祝いのパーティー後、アン・ホシクに感謝しながら涙を流す。資本として置き換えることのできた養育を無償で提供したのは彼女の母でアルジエなのに、アン・ソヨンが敬意を表す人はシステムの代表者でアル家父長だ。そして、アン・ホシクがそんなアン・ソヨンに社会人として寛容な態度を取りながら恩返しすることを呼びかけることで、相互利潤的な存在としての人間を浮き彫りにさせる。しかし、家族の中で取るアン・ホシクの態度は一方的で、独善的でアル。彼にとって理解とは実践的な価値ではなく作用的に選んで取ることが出来る立場であり、これは中年世代を通じて自分の威厳を代わりに満たそうとする老年のために動員された背景だ。

結局「子なしが最高」は、家族でなく権力に関する話であり、この中心には資本がアル。退職により資本と権力を失ったヒジェとヒミョン(ソン・スンファン)にとって、アン・ホシクのガソリンスタンドは無視できぬ権威であり、これは「おじいさんがご飯も食べさせてくれるし、カフェもオープンしてくれるだろう」と思い込んでいるアン・ジュンギ(イ・ドヨン)を通じて、間接的に証明される。離婚を誓ったグムシル(ソ・ウリム)を通じて提示される論争もやはり、葛藤の素因よりは財産分与を巡る質疑が大きい。自分の意見に従わ無いアン・ジュンギに対してジエの脅迫は、「すべてを置いてここから出て行きなさい」は、資本剥奪であり、これはアン・ジュンギが経済的に両親より弱者の立場に置かれているからだ。要するに、「子なしが最高」は、資本主義時代の中年が危機を克服するために、老年層の資本と妥協した結果、生み出した家族のスケッチだ。彼らはいろんな人物の台詞を通して、可哀想で哀れな世代と描かれているが、勇敢な人でも、断固たる人でも無い。そして、勇気と決断力を持って人生に立ち向かわ無い彼らが愛を強要することは、あまりにも条件的で虚しい。鋭利な刃物が残した跡は、手術が必要になることも思いやりに変わることもアル。ホームドラマという枠の中で「子なしが最高」の痕跡がどんなものとして残るのか、結果が予測出来る程度不快感は高まっている。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
「馬医」から「せがれたち」まで…“ドラマ王国”MBCの危機「子なしが最高」の視聴率が「せがれたち」を追い抜く…地上波まで制する未来の姑よ、考え方を変えよう! ― コラムニスト チョン・ソクヒからの手紙写真一覧(3件)






川俣シャモ完全復活へ 町、屋内飼育施設を整備
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000021-fminpo-l07


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。