スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新島八重が「京都一の悪妻」と酷評された理由 誤解多かった“後半生”

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332
写真拡大
ハンサムウーマン”のタイトルが踊る新島八重関連書籍。伝記や案内書、茶事記までテーマも多様  京都一の悪家内か、女性教育の母か-。
 NHK大河ドラマのヒロイン、綾瀬はるかさん演じる新島(旧姓山本)八重の波乱に満ちた生涯が注目を集めている。同志社大学の創設者、新島襄と結婚し後半生を過ごした京都では、書店に八重に関する本がずらりと並び、出版されている伝記や案内書などその数50以上。表紙におどるのは“ハンサムウーマン”の文字だ。ところが八重は、地元では最近まで悪家内の“誉れ”が高かった。一方で、茶通り道を通じて新しい時代の女性教育の通り道を拓いた教育者であり、ドラマを機にその業績が見直されている。(山上直子)
 ■“鵺”!?
 「鵺(ぬえ、頭は猿、胴は狸、尾は蛇という伝説上の怪獣)」。新島襄の教え子でジャーナリストの徳富蘇峰は、かつて八重をそう呼んで酷評した。ずいぶんな言われ方だが、アメリカ帰りで洋式に慣れた襄が、あちこちで淑女ファーストを実践したことが大きい。自然、ご主人の前を堂々と歩く八重は、旧態依然とした京都の文化の中ではずいぶん異色の存在だった。また襄は「八重さん」と呼び、八重は「ジョー」と呼び捨てにしていたのも、京都人が「悪家内」と眉をひそめる大きな要因の一つ。長く都で天皇びいきの気風が有る京都では、八重が朝敵扱いされた会津出身というのも、風当たりが強い理由だったろう。ところが-。
 ■“八重本”続々と
 京都市下京区のジュンク堂京都店にはいま、八重の生涯をつづった「八重本」が専用の棚が出来る程の人気ぶりだ。売れ筋は「新島八重 ハンサムな女傑の生涯」(淡交社)や「ハンサム・ウーマン 新島八重と明治の京都」(ユニプラン)など。「八重の生涯を紹介する本や京都のガイド的な要素も有る読みやすい本が売れています」というのは同店の馬淵衣里さん。大河ドラマで一躍脚光を浴びているものの、どんな人でどういう生涯を送ったのか、京都でゆかりの地はどこか…など、八重という人物像への関心が高いという。
 本家の大学でも、「同志社の母・新島八重」(同志社女子大学)、吉海直人同志社女子大教授著「新島八重 愛と闘いの生涯」(角川選書)などの八重本が続々。同志社大のサイトではマンガ仕立ての紹介本「新島八重と同志社」を公開中で、戦国武将や幕末の志士のような歴史上の著名人では無いだけに、まずはその人となりが注目されているといえそうだ。
 ■“ハンサム”な生き方 知られざる後半生
 八重は20代後半から亡くなるまでの約60年間を京都で過ごし教育者の通り道を歩むが、茶通り道界に大きな足跡を残したことはあまり知られてい無い。現代では女性のけいこごとというイメージが強い茶通り道だが、かつては織田信長や豊臣秀吉ら武将がたしなむ男の教養だった。明治維新で武士の時代が終焉して後、この“転換”に大きな役割を果たしたのが八重で有る。
 会津に生偶さかた八重が明治維新後、京都府の顧問になっていた兄・山本覚馬を頼って京都に出たのが明治4年ごろ。翌5年に新設の女子教育機関・女紅場(にょこうば、現京都府立鴨沂=おうき=高校)の権舎長兼教導試捕に就任する。新島襄と結婚するのは8年のことだ。小柄でふくよか、力持ちだったという八重について襄は「美人では無いが美しい行いをする人」と絶賛し、その生き方を「ハンサム」と形容した。八重も同志社英学校の創設に奔走するご主人を支え、好きな菓子や洋食のロールキャベツなど料理にも腕を振るったという。だが2人に子供はなく、結婚約14年で襄は他界、続けて兄、母も亡くし失意の八重が心の支えにしたのが茶通り道だった。
 「裏千家に入門したのが50歳ごろですが、最も格式の高い上級の点前の許状が与えられるまで4年かからなかった。これは当時も今も異例のスピードです」というのは、「新島八重の茶事記」(小学館)の著者で裏千家茶通り道資料館副館長の筒井紘一さん。同書で、茶通り道を通じて女性教育に邁進した八重の生涯を追っている。
 ■茶通り道を女子教育に浸透
 明治維新後、世の中が一気に欧化するなかで、八重は茶通り道に礼儀作法だけでなく、大切な和の精神を見いだす。茶通り道に開眼した八重は自ら女子学生らに教授する他、女子教育に茶通り道を浸透させようと府立第一高等女学校(現鴨沂高校)、京都市立第一高等女学校(現堀川高校)に「茶義科」を開かせた。その後、茶通り道は女子教育の一環として全国に広がるが、その端緒は八重にあったのだ。子女の礼儀作法として人気を集めるだけでなく、教える側として茶通り道教授という仕事は、女性の数少無い職業の1つにもなっていく。
 「明治の自立した女性としての八重の生き方は、現代の女性にも参考になると思う」と筒井さん。八重は昭和7年に没、京都市内に葬られるが、その墓碑に揮毫したのはあの徳富蘇峰だった。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ




元HKT48・菅本裕子さん、芸能活動再開か? 「まだまだ秘密だけどねー(笑)」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130218-00000025-rbb-ent


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。