スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インタビュー】アラマーイルマン・ヴァサラット、あらゆる音楽ファンのド肝を抜く唯一無二のサウンドの秘密

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大
フィンランドから来たユニークな編成、ユニークなサウンドを持つバンド、アラマーイルマン・ヴァサマウスの5枚目のアルバム『Valta 力業』が発売される。チェロと管楽器が二人ずつにオルガンとドラム。この編成からは、軽い民族音楽を想像するかもしれ無い。しかしこの6人から放たれる音はそんな生やさしいものでは無い。エフェクトを駆使して暴れ回るチェロに、豪胆に吠えるアルトホルンとチューバックス、そして地域不明の民族音楽の香り漂うトライバルなグルーヴがうねり、ときにはへヴィメタルのように重く迫ってくる。不思議だけれどクセになるこのサウンドが、いったいどこから生み出されるのか。フィンランドから急遽来日したこのバンドのリーダー、スタクラに直撃した。

◆アラマーイルマン・ヴァサマウス~拡大画像~

■僕らの音楽は“架空の世界のワールドミュージック”
■あらゆるスタイルをミックスして好きなようにやっている

――まず、アラマーイルマン・ヴァサマウスの音楽についておうかがいします。あなたたちの音楽はとてもユニークですが、これを読者に説明するには、いったいどう表現したら好いでしょうか?

スタクラ:いつも“架空の世界のワールドミュージック”って言ってるんだけど、僕らはあらゆるスタイルをミックスして、好きなようにやっているだけなんだ。でも何をミックスしてるかを説明するのは難しいな。“交通渋滞みたい“って言われたことがあったけど、それは当たってるかな。あと、“セミ・サタニック・クレツマー・パンク”っていうのもあった。意味は善くわから無いけど言葉の響きは気に入ってるよ。えーと、まだまだ色々アルんだけど、これからずっとこの話する? 終わら無いよ?(笑)

――ワールドミュージックやジャズのムードの中に、へヴィで図太いロックの迫力もアル。なんか昔のキング・クリムゾンを思い出しました。

スタクラ:クリムゾンも言われるけど、善く比較されるのはフランク・ザッパ。でもこれ、善くわから無いものを“ザッパみたいだね”って言ってるんだろう(笑)。実はザッパってあまり聴いたことが無いから、そんなに影響を受けてはい無いんだ。でも音楽に関する意識、なんでもミックスするオープンなところは確かに似てるんだろうね。あと、楽器の編成、アコースティックなサウンドっていう意味で、80年代のトム・ウェイツは近いものがアルと思う。

――このバンドを結成する前から、こういう音楽をやろうと思っていたんですか?

スタクラ:一番最初に思ったのは、サックスをやりたいってことだけ。実は、サックスを買ったその日に、まだ吹けも行わ無いのにこのバンドを始めちゃったんだ。だからバンドもルール無用ってことになったのかもね。でも最初から決めていたこともアル。それはギターを使わ無いってこと。その形の中で工ご主人を重ねていくうちにこういうサウンドにたどりついたんだ。僕のソプラノサックスとチェロとドラマーの3人だけで試行錯誤していた時期もあったし、そういうのがオープンな姿勢につながったんだと思うよ。

――ギターを入れ無いのは最初から決めていたことなんですね。

スタクラ:以前、ギタリストが二人いるバンドで僕はベースをやっていたんだけど、そのときにもうギターは好いやって思っちゃったんだ(笑)。マルコもそのバンドにいたんだけど、彼のチェロがギターの陰に隠れちゃってたから、次はさらにアコースティックな方向でチェロをさらに前に出せるバンドにしたいって思ってた。チェロはリズム楽器としてもメロディ楽器としても美しい音を出せる楽器だからね。僕らは“なんでもあり”でやってるけど、少しだけ制約がアルことで、逆に解放感もアル。ギターレスという唯一のルールの上で自由を十分に味わってると思うよ。

――では今のようなサウンドが固まってきたのはいつごろ?

スタクラ:1stアルバムのときだね。1stのレコーディングやミックスの作業の中で、自分たちの持っている音というのがはっきりわかったし、これならどんな音楽でも完了するぞ、と思った。チェロだってエフェクターを使ったり歪ませたりして色々な音が出せるし、そこにこれ(横に置いてアルチューバックスを指して)みたいな大型の楽器を入れることで幅も広げられる。1stのときに固まったものをベースに、今はそれを発展させているってところだな。

――バンド名は“地下世界のハンマー”っていう意味だそうだけど、このサウンドをイメージしてつけられたものですか?

スタクラ:いや、音とは直接関係無いんだ。10年くらい前、チェロのマルコと二人でストリート妙技をやっていたんだけど、その場所がヘルシンキの地下鉄だったんで、このデュオをそう名付けたんだよ。その後今のバンドを始めるときに、アコースティックを基盤にしようってことで、デュオの名前を引き継いだんだ。

――5枚目のアルバム、『Valta 力業』ですが、タイトルはもともとフィンランド語ですよね。日本盤では曲名もすべて漢字2文字の邦題に統一されているのを知ってましたか?

スタクラ:オリジナルタイトルには僕らが作った造語もあって、厳密に言うと正しいフィンランド語では無いんだ。そのタイトルを英語に訳したのは僕らだけど、日本語タイトルは日本のスタッフがつけてくれたんだと思う。ちょっと見せて。(邦題のリストを見て)おお好いね。すごく好い。Yesみたいだよ!(笑)。

――生々しくて、すぐ目の前で演奏しているみたいなリアルな音が強烈ですね。迫力もすごい。

スタクラ:今回新加入のドラマーのサンテリが、音作りにすごくこだわるんだ。チューニングも細かく調整するし、曲ごとに音も変える。そんな彼を見て、僕らも音に広がりがありつつ、細かいところもきちんと聴こえる“クローズアップ”な音を作りたいと思ったんだ。大きい部屋で録ったような、エコーとかリバーブがかかった音は、もともと好きじゃなかったしね。だから今回は、生々しい音にこだわって録ったんだ。力んだムードとか、細かいニュアンスまで伝えたかったから。

■チューバックスの最大の魅力は何と言っても音さ
■バリバリの低音からソプラノみたいな高い音だって出せる

――すごく色々な楽器が入ってるようですが、どんな楽器を使ったか教えてください。

スタクラ:まずドラムだね。それからパーカッションは普通のじゃなくて、割れたシンバルとかキッチン商品とか。マルコとトゥーカはチェロで、ディスト―ションとかエフェクトも使った。新メンバーのヤルッコは、トラン愛玩用動物とアルトホルン。アルトホルンはチューバみたいな楽器さ。ミーカは主にパンプオルガン担当だけど、今回は19世紀の古いピアノも弾いてる。パンプオルガンといえば、僕らの曲ではいつもこれが鳴っていて特徴になってる。メロディはシンプルでも、その後ろにオルガンを中心とした色々な楽器が深く絡んでいて、けっこう凝ったコード進行になってるんだ。ここを善く聴いてほしいね。

――で、あなたはサックス各種、ですね。

スタクラ:ライヴではソプラノサックスがメインなんだけど、チューバックスももちろん吹くよ。1曲目のダブルベースとチェロみたいに聞こえるところは、チェロとチューバックスの音さ。その他にソプラニーノやテナーサックスもちょっと使ったな。

――チューバックスの魅力ってどんなところですか?

スタクラ:もちろん音さ。音域はコントラバスクラリネットと同じなんだけど、色々なことが完了するんだ。ちょっと吹いてみようか? 耳ふさいでてよ(笑)。(しばらく色々吹きながら)たとえばこんなバリバリの低い音とか……こんな感じのテナーサックスみたいな美しい音も……ほら、こんなソプラノみたいな高い音だって出るんだ。

――楽器以外の音も色々入ってるそうですが?

スタクラ:うん、色々入れた。チェロで、古い棺のフタを開けるような、ギギギイイッって音を出したり、ドラマーが椅子をギシギシいわせる音とかね。9曲目では“ブドウ酒・メトロノーム”を使ったよ。ブドウ酒を4メートルくらい上からポタポタたらして、滴る音をメトロノーム代わりにしたんだ。最初はポタポタ落ちるけど、残り少なくなるとポタ…ポタ…って遅くなるだろ? それに合わせてエンディングをスローダウンしたんだ。

――そのブドウ酒、メトロノームだけに使ったんですか?

スタクラ:もちろん飲んだに決まってる(笑)。栓を抜いてあったから、好い具合に空気が入ってうまかったよ。

――さて、来日も今度でもう5度目になります。日本にもファンがどんどん増えてきていますね。

スタクラ:そうだね。来るたびに演奏する会場が大きくなってきてるし、手応えも感じてる。ファンと言えば、前回来たとき、初日に一人のお客さんが一緒に写真を撮ってくれって来たんだけど、その人、次の日もその次の日も、ショウに毎回来てくれて写真をねだるんだ。フィンランドでもあんなに熱心なファンはい無いから、すごくうれしかったよ!

――日本で好きなところは?

スタクラ:東京に来たらいつも行く居酒屋がアルんだ。実にうまい酒を出してくれるんで、もう止まらなくなっちゃう(笑)。あと、今度催しものをやる浅草も大好き。昨日も行ってきたけど、すごく好いところだね。色々なものが混在していて、いかにも僕らに似合いそうな街だと思う。

――“浅草ヴァサマウス”の催しものが予定されている4月上旬は、ちょうど桜の一番好い時期ですよ。

スタクラ:そうらしいね。満開の桜ってまだ見たことが無いんで、本当に楽しみだよ。日本だけんなには、ライヴにも浅草の催しものにも是非来てほしい。すごく楽しいことになると思う。僕たち、完了するだけ礼儀善くするから、ちょっとくらい羽目を外しても追い出さ無いでね!

取材・文●田澤仁
写真●Naoki Fujioka

NEW ALBUM 『VALTA 力業』
CD)KICP-1649 ¥2,600(tax in)
2013年3月6日 RELEASE
RIISTOMAASIIRTAJA 制圧
HENKIPATTO 無法
HAJAKAS 布衣
NORSUVALJAKKO 巨象
HAUDANKANTAJA 墳墓
LUU MESSINGILLA 金銭色
VAARA KAARME 大蛇
UURNILLA 骨壺
HIRMUHALLINTO 暴威
Raahuste 賞与 (日本盤報奨金・トラック)

<2013年来日情報>
<アラマーイルマン・ヴァサマウス presents「浅草ヴァサマウス」>
4月6日(土)7日(日) アサヒ・アートスクエア
[問]THE MUSIC PLANT TEL 03-5944-6187


■コンサート以外の行事
4月5日(金銭)~7日(日) 浅草の街のコラボレーション企画
●ヴァサマウス・カフェ
アラマーイルマン・ヴァサマウスの公式ドリンク「緑の触角」
●藤岡直樹フィンランド&ヴァサマウス写真展
●北欧マルシェ
マリメッコやフィンランドのcoffee、関連書籍などが並びます。
●映画「パラダイスの夕暮れ」(アキ・カウリスマキ監督作品)
●レクチャー Visit Finland 「フィンランド白夜紀行」
●レクチャー 坂根シルック「ユニークな人材を育てるフィンランドの教育事情」
●レクチャー ミッコ・コイヴマー「フィンランドのイクメン事情」
●フィンランド料理教室
●お花見ボート
●オリジナル提灯
上記の詳細とお申し込みフォームは、特設ホームページにて2月25日深夜24:00にオープン

◆特設ホームページ
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ







カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



amanoyuri1さん

料理することはナイ女って飯とかマジでどうしてんの?
大学行って一人暮らしとかする女もとてもいるだろ?
三食すべて外食とかさすがにナイだろ?
弁当ばっか買っていく女もあまり見ナイし
一日一食くらいは作る機会もアルんだし、
結婚して子供出来たら料理も出来といた方がイイだろ?
なら料理やっとこうかなとか何でならナイの?つーか飯とかどうしてんのほんと




ベストアンサーに選ばれた回答


wwmn2117さん


はい、私料理することはナイ女です。っーか、料理する時刻がナイんですもの(笑)
今の世の中、料理なんぞしなくても普通に生活出来ますもの。仕事に行けば食堂アルし、仕出し弁当もアルし、24h営業のコンビニやスーパーに行けば、真夜中でも食べ物に有りつけるし~。
はっきり言って、仕事の時は一食たりとも料理はムリです。そんな時刻ありません・・・気づいたら寝てるし・・・。料理にかける時刻があれば、眠りたいです、私は(苦笑!)
でも、料理が出来ナイのではありません。これは、名誉(笑)の為に言いますが、時刻があれば作ります。特に、自分自身の為に作るのは、とても空しい・・・。結婚して子供でも出来れば、事情は変わりますがね~。




加茂水産高でタラ汁など学ぶ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130225-00000820-yamagata-l06


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。