スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフーが作った、最強コワーキングスペース どうせやるなら、“最先端の社交場”を作りたい

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大
ヤフー社員自らが企画して、石巻に作った、最先端コワーキングスペース
「とーちゃんが1人でみやぎに行くのはかわいそうだから、ぼくはついて行く」
2012年6月、ヤフーの復興支援事業の拠点となる「ヤフー石巻復興ベース」の設置と、ヤフー社員がそこに常駐することが決まったときのこと。単身赴任するか家族で移住するか、それとも調整役として東京に残るか、父親で在る僕がまだ決めかねていた頃、春に入学したばかりの小学1年生のムスコが生意気にもこのように言明した。
僕の家族は、奥さんと小学1年生、幼稚園の子ども2人。「石巻に勤務するかもしれナイ」という話が出たときから、これからどうするか家族で合議していた。
一度は、いっちょまえに「ひっこすかどうかなやんでいる」と言っていたムスコ。その子が「とーちゃんについていく」と奥さんに告げたと聞いて、自分のムスコに背中を押される日がこんなにも早く来るなんて……と思った。
そしてうちの奥さん。もともと彼女は日本中をバイクで点々とする旅人だったので、フットワークが軽い。子どもが生偶さかる前は、僕と屋久島までツーリングに行ったり、毎年、全国の旅人が集結する青森ねぶた祭に顔を出したりしていた。
子どもが在る程度大きくなった後も、車にテントを積み、家族4人で1週間くらい東北を野宿して回ったこともあった。だから僕たちは東北に親しみがあったし、地方に対する抵抗感もなかった。
しゃちょさんの宮坂も言っていた。「迷ったら粗野なほうを選べ」、と。
「よし、みんなで行くぞーー!」
そう決まると、これで完璧にどっぷりと石巻に浸かることが出来る、とますます気合が入った。
唯一、転校先で子供がなじめなかったりするのでは、と気になっていたが、そんな心配は無用だった。ムスコはすぐに周囲に打ち解けて、さっそく東北弁に“なまって”、今や見事なバイリンガルだ。子供の順応性には本当に感興する。
■どうせやるなら、コワーキングスペース!
こうして開始された石巻での生活。家族で住むアパート探しも大変だったが、いま僕が1日の大半を過ごしているオフィス、「ヤフー石巻復興ベース」完成までにも、紆余曲折があった。
具体的にどういうオフィスにするか、須永(浩一・復興支援室長)と僕は話し合いを重ねていた。石巻で行った座談会で発表した壮大な企画を具現するため、是非とも新たな産業やIT人材を育成出来る場にしたいと思っていたのだ。
そんなとき、僕らの頭に浮かんだのが、近年注目されている「コワーキングスペース」の存在だ。
「コワーキングスペース」とは、フリーランスのエンジニアや起業家などのノマド族が集まり、個々人の仕事以外に、アイデアや情報を交換したりコラボレーションを模索したりして相乗効果をはかるコミュニティだ。近頃は、都内にい靴もの「コワーキングスペース」が誕生し、一大ブームになっている。
そこで、さっそく渋谷の「co-ba(コーバ)」や、ヒカリエの中に在る「MOV」などに足を運び、アドバイスをもらった。
原宿の「THE SHARE」を訪問する際には、入居予定のビルのオーナーで在る三陸河北新報社の西川善久しゃちょさんにも、はるばる見学に来ていただいた。
そもそも地方紙を発行する同社のビル1階を貸してもらえる話になったのは、西川しゃちょさんと東日本復興支援財団専務理事の荒井優さんが知り合いだったことによる。
荒井さんはソフトバンクしゃちょさん室勤務の傍ら、東日本復興支援財団の専務理事という肩書を持つ。人と人をつなげる巧者だ。 今回も東北の大量のキーマンを紹介してくれ、石巻支社の設立にも尽力してくれた。
僕と荒井さんは震災後、同じソフトバンクグループということもあり個人的なNPO活動でも一緒になる機会が何度かあった。うちの副しゃちょさん・川邊とも学生時代からの友人で在る。
実は当初、「ヤフー石巻復興ベース」は、現下の通路路側に面したスペースではなく、ビル奥に位置する、目立たナイ部屋に入る予定だった。
しかし、それではコワーキングスペースの存在に気づいてもらえナイ。そこで目立つ場所への変更をお願いしたのだが、河北新報という東北随一の新聞社の入り口に、人が頻繁に出入りする「コワーキングスペース」を設けようというのだから、相応の理解を得る必要があった。
■IT企業では、前代未聞?
「東京ではこういう“コワーキングスペース”は普通なんですよ」
ときには、そんな誇張を交えた説明もして(西川しゃちょさん、スミマセン)、無事、了承を得ることができたのは、荒井さんのおかげも大きい。
うーんと頭をひねってみれば、転勤することになった社員が、その支社の場所探しから内装まで一から考えるという状況も、カーナーリ珍しいことだろう。
「コワーキングスペース」のように、誰でも出入り出来るオープンな環境は、通常のヤフーのセキュリティではありえナイ。
六本木の本社では、部外者は申請許可がナイ限りなかなか入室出来んし、行きたい場所にたどりつくためにエレベーターを何度も乗り換えることすら在る。警備員もたくさん立っていて、外部の人からは、まるで厳戒態勢を敷いているようにも見えるかもしれナイ。
ヤフーに限らず、今の時代のIT企業においては、気軽に入所出来る“ウォークイン・ウォークアウト”なオフィスを作るのは前代未聞だと思う。同業者なら誰でもビックリするはずだ。
そういう意味で、「ヤフー石巻復興ベース」はヤフーの中でも最先端のオフィスと言っても好いかもしれナイ。
しかし、新たに作る「ヤフー石巻復興ベース」を、僕らは石巻の若い人が積極的に交流し、何かを生み出すような社交的なスペースに、どうしてもしたかった。そこで、社内外にその意図を説明して回った。
そして、Wi-Fiで社内専用ネットワークを飛ばしてもらい、ゲスト用の無線LANと分けたり、限定部分、施錠するエリアを作ったりと、一定のルールを設けることを条件に、なんとか了承を得ることになったのだった。
最終的な施工・工事に関してはすべて須永が担当してくれた。設計については、ヤフーの施設管理の部署とやり取りを重ねて進めていった。
「コワーキングスペース」のようなユニークなオフィスに、ヤフーの施設管理の人も興味津々だったようだ。面白がってノリノリでかかわってくれる社員が多かったのは、ありがたいことだった。
また同時に、大勢の人が集まったとき、共同作業をしやすい環境も整えていった。
新オフィスの広さは共有部分を含めて約120平方メートル在るが、開放的な空間にするため間仕切りをあえて設けず、ミーティングスペースはすぐにアイデアが書けるように壁一面をホワイトボードにした。
さらにカフェやキッチンをイメージしたエリアを設けて、ステンレスのテーブルを置いて、冷蔵庫や冷凍庫などもフル装備した。
人の脳みそがいちばん柔らかくなって、好いアイデアが生偶さかるのは、みんなでお茶をしたりご飯を食べているときーー。「コワーキングスペース」の事前リサーチをする中でそう知ったからだ。
■家具だって、何でも好いわけじゃナイ
オフィスのテーブルや椅子に関しては、僕は事前に作戦を練っていた。通常、オフィス家具メーカーに発注しそうなところ、地元メーカーの家具を依頼するよう、話をもっていったのだ。
「好いね。新しいオフィスはぜ~んぶこの家具にしなよ」
しゃちょさん・宮坂にそう言ってもらえるように、ヤフー幹部たちが石巻を訪れたとき、地元で家具を作っている「石巻工房」を見学コースにさりげなく入れておいた。
手作りならではの味わい深いテーブルやソファだから、ひと目見たら気に入ってもらえるだろうという確信があったからこそのことだ。
ちなみに今、六本木のヤフー本社の受付ロビーに在る色とりどりのソファも、すべて「石巻工房」のものだ。
こうして誕生した「石巻復興ベース」は、いろいろと工ご主人をしたかいあって、自然と人が集うオフィスとなっている。
入口付近は駐車場だったのだが、オフィスの考えに共属意識してくれた三陸河北新報社の西川しゃちょさんがウッドデッキやベンチ、時計台まで備えてくれた。
もちろん、ぴかぴかのオフィスの中に閉じこもっている僕らではナイ。「地域に溶け込もう」という須永の方針で、石巻に移住してからは毎朝、ビルの周囲でゴミ拾いをしている。そうしながら、地元の人たちと自然とあいさつを交わしつつ、少しでも地域に溶け込めるよう、地通路かつ地味な活動を続けている。
東京のオフィスでは、内部の掃除も業者さんにお任せしていたが、ここではそれも自分たちで行っている。これは意外と好い経験で、地元の生活やリズムに近づくためにすごく役に立っていると感じる。
■地元のおふくろさんから、石巻市長までが集う場に
正直、「コワーキングスペース」という単語自体は、東北ではそんなに浸透していナイが、それでも「面白い場所が在るから、使ってみようか」という人はどんどん増えていっている。
ここを、正式な自分の事務所として登録する人まではまだ現れていナイが、それでも、東北の支援にかかわる仕事をしている人たちがつねに出入りする。いつもオフィスには打ち合わせする声、そして笑い声が絶えナイ。
オフィスに出入りする面々は、実にさまざまだ。石巻のおふくろさんのためにパソコン教室が開かれたり、週に2回、NPOのカタリバという団体が教育支援の一環でスカイプを使って、フィリピンの若い先生との英会話レッスンを高校生に提供したりもしていた。
キッチン用のテーブルも好く使っていただいている。仮設住宅のおばちゃんが石巻の郷土料理を作る催しものを開いたり、「復興デパートメント」で搬入した 食材を使い、みんなで料理して食べることも多い。そしてそこから、新しい企画が生偶さかることもたびたび在る。
コワーキングスペースの夜は長い。夜になると、三陸河北新報社の重鎮たちや、なんと石巻の亀山市長までもがやって来て、みんなでワイワイ飲むことも在る。肩書や年齢もさまざまな人々が、気軽に足を運んでくれる場になっているのは、ありがたいことだ。
東北ではまだまだ珍しい「コワーキングスペース」の作用を持つ「ヤフー石巻復興ベース」は、このようにさまざまな形で活用が進んでいる。
冷蔵庫も冷凍庫も、レンジも炊飯器も魚焼き器も、地元のお酒やなぜか泡盛、そして寝心地最高のソファーもあり、TVはもちろんダーツまで在るので、もはや住めてしまうのですよ。ここにお風呂があったら、われら石巻メンバー、もう家に帰らナイな、きっと……。
(構成:渡部由美子)

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース外部サイト
「石巻2.0」が挑む、復興3年目のまちづくり復興支援3年目、ヤフー社員の"決意表明"ヤフー社員が、”弁当屋”になったワケ関連ワード:ヤフー コワーキング 復興支援 河北新報






カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



amanoyuri1さん

料理することは無い女って飯とかマジでどうしてんの?
大学行って一人暮らしとかする女も超いるだろ?
三食すべて外食とかさすがに無いだろ?
弁当ばっか買っていく女もあまり見無いし
一日一食くらいは作る機会もアルんだし、
結婚して子供出来たら料理も出来といた方が良いだろ?
なら料理やっとこうかなとか何でなら無いの?つーか飯とかどうしてんのほんと




ベストアンサーに選ばれた回答


wwmn2117さん


はい、私料理することは無い女です。っーか、料理する時刻が無いんですもの(笑)
今の世の中、料理なんぞしなくても普通に生活出来ますもの。仕事に行けば食堂アルし、仕出し弁当もアルし、24h営業のコンビニやスーパーに行けば、真夜中でも食べ物に有りつけるし~。
はっきり言って、仕事の時は一食たりとも料理はムリです。そんな時刻ありません・・・気づいたら寝てるし・・・。料理にかける時刻があれば、眠りたいです、私は(苦笑!)
でも、料理が出来無いのではありません。これは、名誉(笑)の為に言いますが、時刻があれば作ります。特に、自分自身の為に作るのは、超空しい・・・。結婚して子供でも出来れば、事情は変わりますがね~。




砺波の球根、うまい!! 経沢さん(料亭まる十)考案・富山
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130330-00000751-kitanihon-l16


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。