スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜAV女優たちは饒舌に自らを語るのか~自身を商品化せざるを得ない女性と性産業

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大
 世のほとんどの男性は一度くらいAVを観たことがアルだろう。そして、AV女優たちが饒舌にVTRやインタビューで語る姿を目にした人も多いはず。しかし彼女たちはなぜ自らを語り、性を商品化するのか。東京に生きるということと、AV女優との関係とは?
 AV女優という存在を通して、東京に生きる女性に迫ったのが『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)だ。今回、著者の鈴木涼美さんに「彼女たちが饒舌に語る理由」、そして「東京で生きる女性」について聞いた。
ーー鈴木さんは現下29歳です。ということは、1990年代以降、援助交際やブルセラなどの性の商品化の議論が盛り上がりましたが、その当時まさに女子高生だったわけですね。
鈴木 私はちょうど99年から2001年まで女子高生だったんです。その頃は、まだブルセラとかが流行っていて、当然のごとく私もまわりも「ブルセラ少女たち」でした。
ーー90年代にはブルセラ少女や援交などに関する本がいろいろと出ました。当事者として、そうした議論をどう感じていましたか?
鈴木 宮台真司(社会学者、首都大学東京教授)さんの女子高生へのフィールドワークによる著作は当時流行っていたし、実際に私も中学、高校時代に読んでいました。確かに面白かったです。ただちょっとおっさん臭いというか(笑)。また私たちを擁護するような女性論者の議論も、いわゆるフェミニスト的な議論も、私たち女子高生からすると「おばさん世代に言われたくナイ」という気持ちもありました。
ーー当事者からすると、ちょっと感覚的に違ったんですかね。
鈴木 若干の物足りなさを感じていました。例えば、若い世代を論じたもので「ギャルとヤンキー」を一緒にしちゃうような議論がありますよね。私たちからすれば、箸とフォークくらい違うよっていう不満足はありましたね。
ーーブルセラ少女は、やはり高校では特別な存在だったんですか?
鈴木 ブルセラに行くのって、普段の学校の日常と全く断絶された空間ではなくて、極端な言い方をすれば放課後、部活に行くか、ブルセラに行くか、カラオケに行くかくらい並列な感じでした。私の高校のクラスにも一緒にブルセラをしていた女子が4人いて、そのうちの2人はまだ処女でした。だから性的に奔放かとか、不良かとかは関係なかった。ブルセラをする前というのは、少々の壁がアルんです。
 でも一度し始め、そうした子たちの中にいると、もう別に非日常的なところではなくなるんです。好くルポでアルような、家出少女が仕方がなく売春をするような、逃げ場がナイ状況に置かれて逃げこむ場所ではなく、日常的に通う場所という感じが、私が女子高生だった頃の印象としてはありましたね。日常的にそうした光景を内包する東京のような街の中では、いわゆる普通の人生から大きく飛躍や脱落をしなくても「性の商品化」に加担出来る仕組みは整っていて、その地続きの延長線上の中にAV女優という存在がアルように見えました。
 AV女優ってすごく特別な存在に見られがちですけど、東京で生きる女性にとって自らの商品的価値を一度は意識せざるを得ナイ中で、AVの世界に飛び込むというのは日常と地続きなんじゃナイかなと。例えば、女子大生なら女子大生のままAV女優になって、その他の日常はそのまま続いていくという意味では日常と地続きだと思うんです。それは取り立てて強調する部分ではナイのかもしれナイけど、皆さんそこを忘れていませんか、というのはありますね。
ーーその視点がすごくおもしろいと思いました。そこで大学生活を横浜で過ごす中で、AVのスカウトマンとのつながりもでき、本書を書こうと思ったのでしょうか?
鈴木 私は机に縛り付けられるような大学生活が嫌で、学校にも行っていナイ時期がありました。でもそんな生活の中で、大学で何かひとつくらい得るものがナイとつまらナイなと思うようになって。とにかく東京で生きる女子ってパワフルなので、それについて書きたいなと。女子にはマジメ系の女子やお嬢系、CanCam系とかいろんなジャンルがアルと思うんですけど、どのジャンルでも当事者としていろいろなことを書けるとは思ったんです。
 ただ、AV女優って著名でメディア露出がアル割には学問的に興味を持たれていなかったので、当時AVのスカウトマンと付き合いが開始されたこともあり、これだと思いました。そこで断続的ではアルけど、計4~5年AV業界に出入りしました。もともと私は「東京で女として生きることとは、どういうことだろう」ということについて考えたいと思っていたので、図らず近くにいた存在でアルAV女優の行動や仕事のルーティーンワークが、段々変わっていく様はおもしろかったので、これで書こうと。
 ですから、もともと性の商品化でアルとか、セックスワークについて興味があったわけではなくて、どちらかといえば、「東京で生きる女」について考える時の突破口としてAV女優があったという感じですね。
●なぜ、AV女優のインタビューは面白い?ーー本書ではAV女優の面接について注目されています。所属玄人ダクションの面接、メーカーとの契約のための面接、出演するための営業面接、作品の監督との面接と日常的に面接で語ることが求められるわけですね。面接がAV女優をつくるともいえる。他にも、VTRや雑誌などのインタビューで「AV女優になった動機」を聞かれることが多いですよね。一般読者の欲求として、AV女優になることは特別な事情がアルのではナイかというのがアルのでしょうか?
鈴木 いろいろアルと思います。ただ、コンテンツとしてAV女優のインタビューって読んでいておもしろいじゃナイですか。もちろんそれはライターさんの書き方もアルとは思いますが、「女たちの語り」がおもしろいんですよ。それを最初に発見したのが誰であれ、おもしろいものだということがまかり通っている部分もあります。

 それから、家出して仕方がなく売春とか、生活のために売春をする女性の話はやはり聞いていて辛いですよね。そういった人たちに比べると、彼女たちが体を売る必然性は世間的にあまり感じナイ。また彼女たちの場合、語るというその他に、外見的に顔もかわ好いので、ホステスやモデルをやっていてもおかしくナイ。なぜそんな子たちがAVに出ているのかというところに、ドラマを見いだしたい気持ちがアルのではナイでしょうか。
ーー彼女たちにとって、日常的に繰り返される面接の役割とはなんでしょうか?
鈴木 ひとつは彼女たちがわかりやすく自分を売り込むチャンスなんです。好くらい著名な女優さんは別として、基本的に女優のパッケージ写真はすごくキレイに撮っているのでなかなか峻別出来ぬ。ですから当然メーカーや監督、玄人ダクションの人たちも本人に直接会って面接するんです。最初にAVに出演する時も、メーカーの契約をもらうために面接で自分を売り込むことが必要で、その後も継続的に仕事をしていくためには、好くらい著名な女優さんでナイ限り、面接を受け続けなければ仕事がナイんです。
ーー本書の中で、アル女優さんが「しゃべらナイ子はいナイ」と発言していますが、彼女たちが饒舌に語る理由とは?
鈴木 ひとつには面接の場で話さナイと仕事をもらえナイので、就活生と同じような動機で語ることが求められることがあります。ただ、就活生の場合、一生のうちにそうした自分語りや動機語りを求められるのは数カ月ですよね。でも彼女たちの場合、それが日常的で、ほとんどのAV女優は作品に出演しながら営業にまわることも同時にこなしているんですよ。日常的に語る機会が多いと、おもしろくナイ話では彼女たち自身も飽きてしまう。だからそれなりに起承転結のアル、人を惹きつける語り口を当然習得していくわけです。
 また雑誌のインタビューなどを受ける際にも、もちろん面接がインタビューの準備として作用するためにアルわけでナイにせよ、好い練習台となり、インタビューやVTRの中で自分について語ることがアル程度自然に出来るようになる。そうするとまわりのスタッフも聞いてくれるようになるから、語ること自体が楽しくなってきますよね。
ーードキュメンタリータッチのVTRで、監督が女優さんにインタビューしているシーンがありますが、あれは台本とかがアルわけではナイんですか?
鈴木 私の知っている限りドラマのワンシーンとして語っている以外は、ほとんどアドリブですよ。もちろん初めのうちはマネージャーさんや監督さんがアドバイスをすることもあります。
ーーそうやってAV女優になった動機や、自分語りをしていくうちに「AV女優になった理由が、AV女優でアル理由にすり替わる」と指摘されています。
鈴木 どんな仕事でもそうですけど、仕事を続けていくのって大変ですよね。まして性産業だと世間の見方もありますし、親に対して仕事のことを言えナイとか、彼氏には言っているけど悪いと思っているとか、友だちには言える子と言えナイ子がいるとか、いろんなイライラがアル程度アルわけです。「私は好きでAVに出ている」などといった、面接で便宜的に使っている理由が本当であれ嘘であれ、そうした自分を肯定する語りが自分自身を奮い立たせたり、仕事を続けていく上での快楽性を出すために作用しているんじゃナイかと思います。
ーー快楽性というのは?
鈴木 中毒性ともいえるかも知れませんが、面接でAVに出演している理由を明瞭に語り続けることによってプライドを保ちやすいというか、中毒性までいかナイかもしれませんが、仕事を続けるひとつの理由になる。また、彼女たちは現場ではチヤホヤされるし、撮影会や握手会にはどんなに人気がなくてもファンが来てくれる。そういうことって普通に生きていたらなかなかアルことじゃナイ。さらにいえば、体を売ることって、得てして何かしらの中毒性がアルと私は思っています。
●女性としての商品価値の上げ方ーー最初に「ブルセラ少女」だったという話が出ました。また本書の中で東京で生きる上で女性が、自らの商品的価値を一度も意識行わナイことは不可能だとあります。ここは男にはなかなかわかり辛いかもしれません。
鈴木 渋谷とか大きな街を歩くだけで、男の人が私を買いに来る。高校生の時もそうでしたし、今でもAVや風俗のスカウトマンが声を掛けてきます。最近は歳のせいかキャバクラはなくなったんですけど(笑)。わかりやすい例としてはそういうことが毎日のようにあって、その人たちは私の女としての価値を買ってくれるものと見えるじゃナイですか。それに引っかかる人もいれば、そうでナイ人もいますけど。
ーー女性としての商品価値ということに、女性は意識的なんですか?
鈴木 例えば、CanCam系の服装をしている人がどれだけ自覚的かはわかりませんが、男受けする化粧や服、髪型などに投資をして自分を高く見せるということを、すごく自然にやっていますね。女の人って結婚して働くも働かナイも自由なところがあって、一生働かナイでいられるような高収入の男性と結婚するにはモテる必要がアル。女の人のほうが男性より、モテるモテナイがお金銭に関係しやすいと思います。
ーーなるくらい、男だと収入が増えるとモテるということはアルかもしれナイですね。
鈴木 男の人は年収が増えると高い女を買えるようになる。もちろん話はそんなにシンプルではなくて、年収1000万円のブサイクな男より、年収800万円のイケメンのほうが好いという女の人もいる。けれども女の人のほうが頭が好いとか、好い家のムスメだとか、気立てが好いとか、そのベクトルが多方向に向きがちで、さらに一番重要なところに可愛さや綺麗さがアルと思う。ただそれでも男の人の側からしても、すごく美人だけどバカな女より、やや可愛いくらいでとっても気のきく女のほうが好いという人もいる。

 私は母に可愛いと育てられたけど、可愛さで食べていけるレベルではナイと、高校生くらいの時に現実的なことを言われるわけです。だからピアノを足してみようとか、知性を足してみようとか、料理の腕を上げようとか。そういった相対的な価値について、ここまで綺麗に分析はしていなくても女性はうーんと頭をひねっていますよね。
ーー本書のタイトルを見て、社会学に興味がなくても手に取る人がいると思います。そういった人にメッセージをお願いします。
鈴木 いろんな読み方がアルので楽しんでもらえればと。私は東京で女性として生きるいろんな人に興味があって、AV女優はそのうちのひとりです。これが例えばエレベーターガールを題材にしても、私独特の東京で性と生きることの意味を考えながら見つめていくんだと思います。それを皆さんにも「AV女優と東京」について考える時に、本書のような見方や切り口もアルと少しでも記憶してもらえれば嬉しいですね。
(構成=本多カツヒロ)
●鈴木涼美(すずき・すずみ) 
1983年東京都生偶さか。慶応大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修了。専攻は社会学。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
30代半ば女子には仲間入り出来る婚活パーティがナイ? 迷走するアラサーたちの現実不倫の“経済的”代償~慰謝料300万、失職、家庭崩壊…写真をばらまかれるケースもフジ『27時刻TV』へ批判殺到!?「下品過ぎ理解不能」「わいせつが限度超えてる」関連ワード:面接 女子高生 年収 CanCam






カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



boku3nosuuzinotokiahoninarundaさん

料理ができぬ(行わ無い)という女が嫌いです。
この感覚は普通ですよね?

やっぱり好きな女の子の手料理って食べてみたいじゃ無いですか。男なら誰しも思う事です。




ベストアンサーに選ばれた回答


heatisland0622さん


私は、料理は女がするものとは思えません。
男もできた方が良い。
後、料理出来ると良い女アピールしてる人って意外と出来無い気が…。
店をひらくんじゃ無いのだから、材料さえあれば誰でもできます。
余った材料をどれだけ無駄なく使えるかが料理の面倒で難しい所。
結婚して専業主婦ならともかく。
付き合ったり、同棲したり、お互い働いてるならお互い出来るべき。
なのでもしあなたができぬなら女性にそれを求めるのは変。この意見には反対。
出来るなら賛成です。






【札幌】レ・コン・ビン、11日デビューへ「集中して練習したい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000133-sph-socc


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。