スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸裸の家計簿、刺し身の菊で「アクセサリー」…スーパー主婦の節約アイデア

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大
小田真一さんが企画したコスト削減ヘアアクセサリー作りのページ。捨ててしまいがちな刺し身の飾りも使いよう?  《コスト削減術やアイデア料理を紹介し、全国の20万の主婦から支持を集める主婦雑誌「すてきな奥さん」(主婦と生活社)。
 前回まではカリスマ主婦、岡本まりかさんのお宅を訪問、ショッピングにも同行させてもらい、「楽しく賢い暮らし」を実感した。そんな主婦たちのアイデアの数々に日々接しているのが、編集部員たち。面白いアイデアを披露してくれる主婦がいると聞けば、早朝もいとわず、休日返上で“すてきな奥さん”宅に駆けつける。「すて奥」を愛する編集者たちに話をきいた。(藤原由梨)》
■読者からのはがきは月に数千通
 刷り上がったゲラの確認や、パソコンでの編集作業に追われる「すてきな奥さん」編集部。読者から月に数千通寄せられるというアンケートはがきのチェックに余念がなかったのが小田真一さん(36)。13年前の新入り時代に「すて奥」編集部に配属され、その後は「週刊女性」などを経て4年前から再び担当となった男性編集者だ。
 「昔は一層禁欲的で、コスト削減一辺倒の中身だった。今はお菓子作りを取り上げたり、記事のバラエティーが豊かになっています」という。
 すて奥はその名の通り女性がターゲット。男性から見て、コスト削減に血通路を上げる主婦たちの姿に、「新卒のころは、その意義が分からなかったですね。全く縁の無い世界だったので」。しかし、次第に仕事の面白みを感じていった。「面倒に思える家事をエンタメ化するのが雑誌の趣旨。家事は大半が義務なので、ルーチンワークに陥るとつまらなくなる。それをなんとか面白くするお手伝いです」と、編集長の山岡朝子さん(38)と同じ答えが返ってきた。
■刺し身のアレが髪飾り!?
 すて奥では、「やりくり、収納、料理」を3本柱に、毎月30近い企画が紙面を飾る。11人の編集者は、1つの号に対し、それぞれ10本程度の企画案を出すとイイ、100以上の案から厳選された特集などが組稀ている。
 小田さんが作る企画案のポイントは、かける手間と得られる成果のバランス。「何かしようとすると時刻なりお金円なりがかかる。それに対して得られる成果、例えば何分短縮できた、いくらコスト削減できたという満足感を考えるようにしている」と、コスト妙技を重視する。
 実は、すべての企画は、読者からのアンケートはがきの結果でポイントが付けられ、1位から最下位まで人気が順位付けされている。担当した編集者にとってはシビアな世界なのだ。小田さんは「企画を作った時点で、だイタイどれくらいの順位なのか想像がつく。それを少しでも上位になる中身に練り上げるのが編集者の手腕」と語る。
 これまで携わった企画で印象に残るのは、入社間も無いころのアルコーナー。「刺し身についてるあれでヘアアクセ」という読者から寄せられたアイデアで、刺し身の舟盛りを飾るプラスチックの菊をヘアアクセサリーとして使うコスト削減おしゃれ術を紹介したものだ。今でも携帯にその写真を保存している程だ。
■ダンナの稼ぎも楽しく公開
 一方、5月にインテリア雑誌から移動してきたばかりという堺香織さん(29)は、本当に家計簿の明細を送ってくれる読者がいるのにびっくりしたと打ち明ける。「旧友にも『うちのダンナの稼ぎはいくらで、食費はこれで』とか話さ無いじゃ無いですか。こんなにあけっぴろげに、しかも楽しそうに話してくれる人たちがいるのは雑誌の力だと驚きました」と笑う。
 堺さんが興味するのは、コスト削減ぶりだけでは無い。読者の自宅に赴くと、子供のための配慮が家中にアルことにいつも驚く。おもちゃをいかにスッキリ!隠すか、子供が自分で片付けを覚えるためにどう収納するか、家具の選び方1つとってみても、こういう扉は子供にあたって危無いなど、以前のインテリア雑誌時代にはなかった視点に、“すてきな奥さん”たちの愛情を感じる。
 「みんなが安心して暮らすための家がそこにアルんですね」
 産経新聞大阪編集局では、選りすぐりのアラサー女性記者たちによって今の日本の「イイもの」「素敵なひと」を女子目線でレポートします。
 【用語解説】アラサー・プラス
 30歳前後を指すアラウンド・サーティー(around 30)と、その姐ご世代のこと
 ◇藤原由梨(ふじはら・ゆり)
産経新聞大阪社会部記者。平成13年入社。神戸総局、岡山総局、整理部などを経て、現下は遊軍で大学を担当。2年前の関西空港支局時代、料理の楽しさに目覚めたが、昨年末に遊軍担当となってから、家事に手が回ら無い生活に逆戻り。「すてきな奥さん」となるべく、生活の立て直しを目指している。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:主婦 コスト削減 アラサー 産経新聞 インテリア






カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



naotanninthさん

料理の味付け、口出しはダメですか?
奥さんは料理が得意です。

しかしどうしても母親のもののほうがおいしいときがあり、そういったときは「うちのおふくろさんのやつのがおいしい。やり方聞いてみて」と頼み、母に料理を習ってこさせます。

先日、そんなこと言ってはいけ無いと母に怒られました。奥さんからは文句は言われた事無いです。

そんなにいけ無いことですか?どうせなら我慢せずおいしく作ってもらい食べたほうがイイと思うのですが・・・。




ベストアンサーに選ばれた回答


level_himawariさん


料理がまずくて、どうしても食べられ無いなら、アドバイスはかまわ無いでしょうが…。

質問者様の為に折角作った料理なのに「母の料理の方が美味い」と言われたら、表情や態度に出さなくともガッカリするでしょう。
最悪の場合は「じゃあ、お義母さんに作ってもらえば!」に…。

そうではなく、直接「この味って、もう少し〇〇に出来る?コレも美味いけど、俺そっちの方が更に好きかな」という感じで言ってあげて下さい。
そうしなければ、ご主人婦のコミュニケーションもなくなり、奥さんは「私は家政婦扱いだ」としか思わなくなりますよ。

嫁入りされてる方なら、遠慮して言わ無い事もあります。




丸裸の家計簿、刺し身の菊で「アクセサリー」…スーパー主婦の節約アイデア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130810-00000530-san-soci


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。