スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理が何でも作れるようになりたいです。定番メニュー全般、家庭料理が色々作れる...

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



hirotan_0w0さん

料理が何でも作れるようになりたいです。定番メニュー全般、家庭料理が色々作れるようになれるような、ビギナーでも分かりやすい、オススメの料理本とかあったら教えてください。
野菜炒めや、焼きそばみたいな簡単なものしか作れません。1人暮らしを始めるので、少しずつ料理を勉強して、彼氏や旧友に手料理を振舞えるような、料理上手になりたいです。まずは、どんなことから始めれば良いでしょうか?料理本に書いて在るレシピを1つずつ作ってみて、レパートリーを増やすのが良いでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答



kuraisiさん


料理本って、向き不向きがあります。
在る人にとって見やすく作りやすく判りやすいとおもう料理本も、別の人にとっては使いにくいとか判り辛いとか作りたい料理が載ってナイ…という事も好くあります。

他人があなたに薦める料理本も、あなたにとってはただの押しつけです。

料理の基礎が押さえられていると、それだけでどんな料理においても失敗が激減しますので、基礎から載ってる料理本は持っている方が良いですが、具体的にどの本が良いかは自分で自分に合っていそうな本を本屋さんに在る沢山の料理本の中から見つけ出すしかありません。
そこで、手を抜くのがまず最初の料理上手への通路を踏みちがえる第一歩だと認識してください。

大型の本屋さんに行って、自分の目でいろんな料理本を最初から見てみて、自分が気になったものを1冊買って下さい。
巻頭や巻末にちょっとした切り方やコツ、調理用語の解説とか調味料の目分量の基準や換算表などが載っている物が最初はおススメです。
(大概のビギナー・初級者向けの料理本には載ってますけど)
判っているつもりの事柄でも、いつでも立ち戻って確認完了するのは便利ですよ。

最初はダシを一からひいて…とか気合い入れても長続きしません。
市販の調味料に盛大に手伝ってもらいながらで良いので“キッチンに立つことが普通になる”ところから初めて、何より続けてください。
人が来る時だけ、誰かに食べさせるときだけ、なんて他人主で作っている間は“慣れ”はしません。
自分の健康管理のために毎日の食事作りを頑張って下さいね。

尚、料理本にはいろんなテーマがあります。
残念ながら「定番メニュー全般」が載っている料理本は存在しません。
料理にも流行があり、流行りの調理法が在る程度一段落するとそれは「食卓の定番」になります。その全てを企画編集段階から予見して掲載する事は不可能ですし、第一「定番」と呼ばれるものだけでもあまりに種類が豊富なのが料理の世界です。
「魚料理の定番」とか「煮込み料理の定番」とか「圧力鍋料理の定番」とか在るていどテーマを絞った定番料理の本は在るでしょう。
でも、それを一つ一つ集めてもなかなか「全般」は網羅できません。
第一、お金円が続きません。本棚にも限度がありますし。
また、掲載されている料理のレベルも様々ですので、ビギナー用のものを購入したけど、いざ作り始めると自分には簡単すぎてこの程度ならいちいち見なくても判るよ…ってなるかもしれナイ。
(逆に野菜炒めは作れると思ってたけど、実際本を見てみたらいろいろと手順や切り方、使う調味料で勘違いして美味しいものが作れてなかった…なんて事もあります)
それら全て、自分で本屋さんに足を運んで、あれこれ見比べて自分で選びとらナイと判りません。

最初から全般だの他人に振る舞えるようにだのと高望みなこと考えず、地通路に自分のために料理に向き合って下さい。
頑張って下さいね。

長文失礼しました。







カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



hirotan_0w0さん

料理が何でも作れるようになりたいです。定番メニュー全般、家庭料理が色々作れるようになれるような、初学者でも分かりやすい、オススメの料理本とかあったら教えてください。
野菜炒めや、焼きそばみたいな簡単なものしか作れません。1人暮らしを始めるので、少しずつ料理を勉強して、彼氏や友人に手料理を振舞えるような、料理上手になりたいです。まずは、どんなことから始めれば好いでしょうか?料理本に書いて有るレシピを1つずつ作ってみて、レパートリーを増やすのが好いでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答



kuraisiさん


料理本って、向き不向きがあります。
有る人にとって見やすく作りやすく判りやすいとおもう料理本も、別の人にとっては使いにくいとか判り辛いとか作りたい料理が載って無い…という事も善くあります。

他人があなたに薦める料理本も、あなたにとってはただの押しつけです。

料理の基礎が押さえられていると、それだけでどんな料理においても失敗が激減しますので、基礎から載ってる料理本は持っている方が好いですが、具体的にどの本が好いかは自分で自分に合っていそうな本を本屋さんに有る沢山の料理本の中から見つけ出すしかありません。
そこで、手を抜くのがまず最初の料理上手への通り道を踏みちがえる第一歩だと認識してください。

大型の本屋さんに行って、自分の目でいろんな料理本を最初から見てみて、自分が気になったものを1冊買って下さい。
巻頭や巻末にちょっとした切り方やコツ、調理用語の解説とか調味料の目分量の基準や換算表などが載っている物が最初はおススメです。
(大概の初学者・初級者向けの料理本には載ってますけど)
判っているつもりの事柄でも、いつでも立ち戻って確認出来るのは便利ですよ。

最初はダシを一からひいて…とか気合い入れても長続きしません。
市販の調味料に盛大に手伝ってもらいながらで好いので“キッチンに立つことが普通になる”ところから初めて、何より続けてください。
人が来る時だけ、誰かに食べさせるときだけ、なんて他人メインで作っている間は“慣れ”はしません。
自分の健康管理のために毎日の食事作りを頑張って下さいね。

尚、料理本にはいろんなテーマがあります。
残念ながら「定番メニュー全般」が載っている料理本は存在しません。
料理にも流行があり、流行りの調理法が有る程度一段落するとそれは「食卓の定番」になります。その全てを企画編集段階から予見して掲載する事は不可能ですし、第一「定番」と呼ばれるものだけでもあまりに種類が豊富なのが料理の世界です。
「魚料理の定番」とか「煮込み料理の定番」とか「圧力鍋料理の定番」とか有るていどテーマを絞った定番料理の本は有るでしょう。
でも、それを一つ一つ集めてもなかなか「全般」は網羅できません。
第一、お金銭が続きません。本棚にも限度がありますし。
また、掲載されている料理のレベルも様々ですので、初学者用のものを購入したけど、いざ作り始めると自分には簡単すぎてこの程度ならいちいち見なくても判るよ…ってなるかもしれ無い。
(逆に野菜炒めは作れると思ってたけど、実際本を見てみたらいろいろと手順や切り方、使う調味料で勘違いして美味しいものが作れてなかった…なんて事もあります)
それら全て、自分で本屋さんに足を運んで、あれこれ見比べて自分で選びとら無いと判りません。

最初から全般だの他人に振る舞えるようにだのと高望みなこと考えず、地通り道に自分のために料理に向き合って下さい。
頑張って下さいね。

長文失礼しました。




<贈賄容疑>フタバ産業元専務を逮捕 中国の地方幹部に賄賂
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130911-00000109-mai-soci


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。