スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは調和による進化――iOS7の魅力を引き出す“2つのiPhone”

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



"「iPhone 5s」と「iPhone 5c」"  Appleにとって、OSとハードウェアは「天使の両翼」のようなものだ。ふたつの翼が調和しながら羽ばたくことで、他には無い最良にして最高のユーザー体験を作り出す。

【拡大画像や他の画像】

 iOSとiPhone。

 2013年は、このどちらもより洗練され、大きく進化したという点で記念碑的な年になる。6月のWWDCリポートで紹介したとおり、iPhone/iPad向けの「iOS」は、登場以来初の大規模刷新を行い、「iOS7」として新たな一歩を踏み出す。そして既報のとおり、iPhoneは登場から6年目にして1世代1モデル体制をやめて、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」という2モデル体制に移行した。

 新しいiOSと新しいiPhoneから、どのような未来が見えるのか。

 筆者は今回、iPhone 5sとiPhone 5cの日本発売に先立ち、じっくりと利用し、試す機会を得た。新しいiPhoneはどれ程度魅力的になったのか。それを見ていきたい。

●触り心地のイイiPhone 5cに、高級感のアルiPhone 5s

 iPhone 5sにするか、それともiPhone 5cにするか。今回のiPhone選びは難しい。

 性能面や性能面で見れば、むろん“より進化したiPhone”となるiPhone 5sが圧倒的だが、iPhoneの価値がスペック表の数字だけで語れ無いのは衆目の一致するところだ。逆にデザイン面で見れば、新たなコンセプトをまとうiPhone 5cにも惹きつけられる。

 iPhone 5cは外装にポリカーボネートを採用。素材そのもののカラーで5色を表現した上で、継ぎ目の無いつるりとしたボディに念入りなコーティングを施すことによって質感を高めている。このデザインは見た目がカジュアルかつポップで楽しいだけでなく、触り心地がすこぶるよい。なめらかな陶器のような感触がアルのだ。iPhone 5cに関しては部分的で「廉価版」と評されることもあったが、実際に触れてみれば、それが全くの的外れでアルことが分かるだろう。iPhone 5やiPhone 5sが持つ金銭属とは異なるベクトルの美しさと上質さがアルのだ。またポリカーボネート素材の内側には金銭属フレームがレーザー溶接されているため、とてもの剛性感がアル。それが樹脂素材ながら“陶器のような感触”となることに一役買っている。

 iPhone 5cは男性の筆者が手にしても持ちやすいと感じたが、手の小さい女性との相性は抜群だ。今回は女子高生に撮影協力してもらったが、女の子のほっそりした手にデザインがなじむ感じは、iPhone 5cならではと言えるだろう。

 そして、iPhone 5cはiOS7のデザインと好くマッチしている。iOS 6以前よりもシンプルなデザインとなったiOS 7は、iPhone 5cのデザインと調和が取られている。カラーバリエーションにあわせてiOS 7の背景色が変えられていることもあり、色の違いで全く印象が変わる。iOS 7の世界観と、iPhone 5cは好く合っているのだ。

 他方で、iPhone 5のデザインを踏襲したiPhone 5sは、高精度で精緻な造形が織りなす高級感が魅力だ。先代同様、金銭属部分には酸化皮膜処理を施したアルミニウム6000が採用されており、金銭属面が合わさる部分は丁寧に磨き上げられて面取りがされている。マイク/スピーカー部分やイヤフォンジャック部分、側面のボタン類の金銭属加工精度が高いのも変わらずで、単なるスマートフォンの域を超えて、工芸品のような美しさ・高級感を醸し出している。

 iPhone 5とiPhone 5sを見分ける数少無い点が、指紋認証センサー「Touch ID」が組み込たまさかたホームボタンだろう。ここには指を感知するステンレススチール製のリングが設けられ、ボタン表面はサファイアクリスタルになった。これにより全体的な印象がよりシャープになった。

 一方、iOS7とあわせたときのデザインだが、iPhone 5cとは打って変わって、iPhone 5sでは上質かつ洗練された表情になる。それだけiOS7のデザインが優れていることでもアルのだが、iPhone 5cとiPhone 5sでは、きちんと個性が表れているのだ。このふたつは“タイプの違う魅力的な女の子”のようなもので、どちらのデザインがよいかは選ぶ人の好みによるだろう。ただひとつ言えるのは、実機を触り、質感やiOS7のデザインとのマッチングを見ながら、どちらが好きかを判断すべきだということだ。

●iPhone 5cとiPhone 5s、実用性の差は?

 今回のiPhone 5sとiPhone 5cは、4インチ RetinaディスプレイやLTEおよびWi-Fiの無線周りなど基本部分の性能は同じだ。違いが出るのは、CPUやグラフィックス周りの処理能力と、カメラ、そして「Touch ID」をはじめとするいクツかの新性能の部分になる。この違いは、どの程度アルのだろうか。

 結論から言えば、メールやWebブラウザの利用、一般的なアプリ利用において、iPhone 5sとiPhone 5cで決定的な性能差を感じるシーンはなかった。

 iPhone 5cが搭載するApple製「A6」チップはiPhone 5からのキャリーオーバーであり、基本部分で先代からスペックダウンしたところはひとつも無い。あえて言えば、容量グレードが32Gバイトまでしか無いくらいだ。そこでiOS7を日常的に使ってみて、不承知を感じることはなかった。さまざまな操作、基本アプリの利用、タスク切り替えなどどれもスムーズだ。iOS7のポテンシャルは、きちんと引き出している。iPhone 5cは、ネット利用が主な一般的なユーザーが2年間、さ程度不承知なく使えるだけの性能は十分に備えている。

 iPhone 5sとの性能差が決定的に分かるのは、後述するカメラ撮影まわりと、「写真」性能で大量のカメラロールを処理する場合などだ。あと今回のテスト時には間に合わなかったが、iPhone 5sのA7チップの64bit処理に対応したゲームやフォトレタッチ、映像編集アプリなどが登場してくれば、iPhone 5sの処理能力の高さを実感することになるだろう。iOS7自体はA7チップにあわせて64bit動作になっており、今後はアプリ側の対応も進む。メールやブラウザ、LINE程度の利用であればiPhone 5cとの体感差はあまり無いが、アプリ側ではA7チップの恩恵を感じることは増えてくるだろう。そのためアプリ利用の多いユーザーであれば、先を見越してiPhone 5sを選ぶのが得策と言えそうだ。

●iPhone 5sはカメラが楽しい&便利

 他方で、iPhone 5cとiPhone 5sで決定的な差を感じるのがカメラだ。iPhone 5cのそれはiPhone 5と同等なので不承知が出るわけでは無いが、iPhone 5sのカメラが凄すぎて、どうしても見劣りしてしまうのでアル。

 iPhone 5sのiSightカメラは、8メガピクセルの画素数はiPhone 5と同じだが、1画素あたりのサイズが15%大きい1.5ミクロンとなったことで、集光面積がアップ。CMOSセンサーのサイズはiPhone 5から15%大きくなり、F値も2.4から2.2に。システム全体では感度が最大33%向上したという。

 この効果は絶大で、日中屋外での撮影がびゅーてぃふぉーなのはもちろんだが、屋内や夜で撮れる写真がこれまでと別物のようにびゅーてぃふぉーになっている。今回はあえて薄暗い水族館でテストしたが、水槽の写真などを見れば、iPhone 5sの方が明るくくっきりした写真が撮れていることが分かるだろう。また日本のユーザーが得意(?)とするレストランでの料理写真も、iPhone 5sだと明るくびゅーてぃふぉーに撮れる。iPhone 5sではLEDを2基積んだ「True Toneフラッシュ」という新型フォトライトも心づもりされたが、あまりにレンズとイメージセンサーの感度が好くなったため、やや暗いレストランで料理撮影をしても“フラッシュいらず”だったくらいだ。

 さらにiPhone 5s専用の性能となる「バースト撮影」や「スローモーション」ビデオ撮影も楽しい。

 バースト撮影ではシャッターボタンを長押しすることで最大999枚の写真を高速撮影し、撮影後には自動画像解析により、手ブレが少なく、瞬きをしてい無い/スマイルの写真を優先的に選んでくれる。これは小さな子どものベストショットを撮るには適切な性能なので、子持ちの方には是非ともチェックしてもらイタイものだ。

 一方、スローモーションは720pのサイズで120fpsの映像が撮影出来るというもの。今回は水族館イルカショーの撮影で使ってみたが、ダイナミックなイルカのジャンプをスローモーションで見たときの迫力はとてものものだ。スローモーションの設定もiPhone 5s上で簡単に行えるので、旅行や行事時などに活用すると楽しいだろう。

 このようにiPhone 5sのカメラは高性能で豊富な性能が、従来通り簡単に使えるようになっている。「シャッターボタンを押すだけでびゅーてぃふぉーな写真が撮れる」というコンセプトはそのままに、写真や映像がより便利で楽しめるものになっているのだ。カメラ性能を特に重視するユーザーなら、iPhone 5sを選んでおいて損は無いだろう。

●iOS7でさらに進化した「地図」と「カーナビ」

 iPhone 5sとiPhone 5cに合わせたiOS7では、デザインが抜本的に変わっただけでなく、大小200以上の新性能が搭載された。それらひとつひとつが紙数を尽くして紹介したいが、今回、特に筆者が感嘆したのが、Apple製の「地図」と「カーナビ」の進化でアル。

 周知のとおり、Apple製の地図といえば、昨年iOS6で投入された当初は荒削りであり、それまで標準採用していたGoogle Mapsベースのものより見劣りするものだった。しかしその後、Appleは着実に地図データの修正を図り、精度を向上。そしてiOS7では新しいUIデザインになり、Google Mapsに引けを取ら無い地図もてなしにまで成長した。

 とりわけ進化が著しいのが、クルマ向けの「ターン・バイ・ターンナビ」でアル。これはGPSを用いたPNDライクなものだが、Retinaディスプレイの高精細さを生かして従来よりも見やすい地図と、分かりやすい案内になっている。過去に設問になった案内ガイド音声の不正確さや交差点名で案内され無い点などはすべて改善された。表示される情報量も増えて、ナビ案内中に目的地までの所要時刻・残り距離・到着予想時刻まで表示されるようになっている。Appleのターン・バイ・ターン・ナビの魅力でアル3D表示と俯瞰表示が滑らかなアニメーションで切り替わるところはさらに強化され、よりスムーズで見やすいものになった。

 細かな部分では、日本で一般的なVICS渋滞情報に対応しておらず、渋滞回避性能などが無いといった課題もアル。しかし事業者向けには有料販売されているVICS渋滞情報を、無償で利用出来るAppleのターン・バイ・ターン・ナビで提供せよ、というのも酷な話だ。少なくとも「無償のスマートフォン向けカーナビもてなし」としては、Appleのターン・バイ・ターン・ナビは最も優れたものになったと筆者は断言する。

 一方、歩行者向けの地図はどうか。

 こちらもベースとなる地図データの精度が上がり、実用上、全く設問が無いものになった。Appleのマップの特長でアルベクターベースの地図は、スクロールや拡大縮小もスムーズであり、地図精度が上がればそれらの美点が生きてくる。さらにiOS7では、自分の目下地やドロップしたピンの場所を、シェアボタンを押すだけでメッセージやメール、Twitter、Facebook、AirDropで簡単に共有出来るようになっている。これは待ち合わせ場所の連絡やスポット情報を共有したいときに、とても便利だ。

 Appleはこの1年、ユーザーからの不承知が殺到したマップを地通路に改善し続けてきた。地通路な地図データの精度向上と、iOS7によるUIデザインや性能面の改善が合わさり、今回の「マップ」は本当に使いやすいものになった。これならもうGoogle Mapsアプリがなくても困ることは無いだろう。

 Appleの新しい地図もてなしは、iPhone 5sやiPhone 5cユーザーだけでなく、iOS7を導入したすべてのユーザーに試してもらイタイと思う。

●そして、“iPhoneに行わ無い理由”はなくなった

 iOS7が動くiPhone 5sとiPhone 5cを試しながら、常に感じていたのは、どちらも真新しいものでありながら完成度が高いということだった。OSとハードウェアがきちんと調和し、どちらか片方だけではなしえ無い、ユーザー体験全体での進化と洗練を具現している。

 このApple流のユーザー体験は、スマートフォンにあまり詳しく無い一般ユーザーにとってメリットが大きいものでアル。とりわけフィーチャーフォン(携帯電話)から初めてのスマートフォンを買おうとしている人にとって、今回の新型iPhoneはどちらも最良の選択肢と言えるだろう。一方で、これまでiPhoneを使い続けてきたユーザーにとっても、iOS7とそれにあわせて刷新された新しいiPhoneは新鮮な驚きとなるはずだ。

 そして今年は、日本最大手キャリアのNTTドコモもiPhone 5sとiPhone 5cを発売する。これまで「ドコモから他キャリアに移りたく無い」と考えたユーザーが、ようやくiPhoneを買えるのだ。今回、筆者はドコモ版iPhone 5sを試したが、そのネットワーク品質は安定しており、とても快適だったことを付記しておく。このiPhoneの3キャリア販売体制の構築によって、iPhoneに行わ無い理由はいよいよなくなったと言える。

 iPhone 5sとiPhone 5cの発売は、明後日の9月20日に迫っている。iOS7と新たなiPhoneがいかに魅力的か。是非実機を手にとって試してもらイタイと思う。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
神尾寿のMobile+Views:ドコモ、iPhone参入のインパクトそれは刷新という名の飛躍――iPhone 5が、“iPhoneの創りだした世界”を塗り替えるドコモも販売:Apple、64bit玄人セッサーと指紋センサー搭載の「iPhone 5s」を発表 9月20日発売






カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



boku3nosuuzinotokiahoninarundaさん

料理が行えぬ(することはナイ)という女が嫌いです。
この感覚は普通ですよね?

やっぱり好きな女の子の手料理って食べてみたいじゃナイですか。男なら誰しも思う事です。




ベストアンサーに選ばれた回答



heatisland0622さん


私は、料理は女がするものとは思えません。
男もできた方が良い。
後、料理完了すると良い女アピールしてる人って意外と出来ナイ気が…。
店をひらくんじゃナイのだから、材料さえあれば誰でもできます。
余った材料をどれだけ無駄なく使えるかが料理の面倒で難しい所。
結婚して専業主婦ならともかく。
付き合ったり、同棲したり、お互い働いてるならお互い完了するべき。
なのでもしあなたが行えぬなら女性にそれを求めるのは変。この意見には反対。
完了するなら賛成です。






それは調和による進化――iOS7の魅力を引き出す“2つのiPhone”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130918-00000031-zdn_m-sci


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。