スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホテルオークラ東京】Wine Cruise Season 12

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応

【爆買いセール】 2012 (秋 秋冬) 新作 ニット ワンピース ニット (ビッグ ダーリン) あすつく対応



写真拡大

世界でも入手困難な幻のブドウ酒から、気軽にグラスブドウ酒を愉しめる
秋冬のブドウ酒催しもの 全 44 企画 期間: 2013年10月1日~12月31日

宿オークラ東京(代表取締役代表:清原當博)では2013年10月1日(火)~12月31日(火)までの期間、館内のレストラン・バー11店舗において、日時限定のブドウ酒会をはじめ、料理長選りすぐりの限定メニューとともに味わう賞味会から月替わりでグラスブドウ酒を提供する催しものまで多様な全44種類の企画をご準備いたしました。

 今回は、カリフォルニアブドウ酒で最もビッグネームなアメリカの伝説の男「ジンファンデル」のゴッド・ファーザーと称されるジョエル・ピーターソン氏を招聘し、お話を伺いながら中国料理「桃花林」のお料理をお愉しみ戴く1日限りのブドウ酒会や、アンリ・ジャイエが生前手懸けた「リシュブール」などの入手困難な貴重な逸品をご準備しました。ブドウ酒の味わいを愉しむとともに、年代ごとの熟成の違いや歴史的背景、文化に触れ、それをまた舌で見定める、他では体験行えぬ機会をご提供いたします。
 フランス料理の他、中国料理、日本料理、鉄板焼きなど秋から冬にかけての滋味あふれる旬の食材とのブドウ酒のマリアージュをお愉しみいただけます。また12月には、各レストラン・バーにおいてプレミアムシャンパーニュを各種取り揃えました。気軽にブドウ酒を愉しむ、こだわりの名品を探し求めるなど、嗜好別に充実したひと時を本催しものタイトル通り、ブドウ酒を通して各地をクルーズするかのように、お気に入りのブドウ酒との出会いをお愉しみください。

■ブドウ酒クルーズの魅力■
1. 一般では入手困難な一流ブランドブドウ酒を年代ごとに飲み比べが完了する。
飲み比べを体験することによりご自身のお好みの新たな価値を発見完了する。
2. ブドウ酒とお料理のマリアージュを堪能完了する。
3. セミナー形式ではなく、全て個別に楽しめる。
専属ソムリエさながらに深く広くブドウ酒の魅力、知識や特徴を学ぶことが完了する。

■宿オークラ東京に於ける「ブドウ酒文化の定着」の感触
今年9月23日に開催しました、世界各国250種類以上のブドウ酒試飲即売会「マルシェ・デ・ヴァン Vol.5」は、入場客数960名と盛況に終了し、売上は事前予約を含め約2800万円を記録いたしました。特に高額なブドウ酒への人気は根強く、事前販売の1セット限定250万円の「至極のフランスブドウ酒セット」も販売開始1週間後に完売いたしました。

【Wine Cruse Season 12 秋冬催しもの暦】

<10月>
◆「ジンファンデルと中国料理を愉しむ夕べ」
[日 時]10月11日(金銭)
[場 所]桃花林(中国料理)本館6階 
[料 金銭]お一人様 ¥28,000(料理込)
[ご予約]TEL.(03)3505-6068
カリフォルニア葡萄酒で最も知名な葡萄酒「ジンファンデル」の創業オーナー兼醸造責務者で有るジョエル・ピーターソン氏をお迎えしての葡萄酒会。
                            
◆「ルバイヤートとポルチーニへの情熱」
[日 時]10月18日(金円)
[場 所]オーキッドルーム(欧風料理)本館5階 
[料 金円]お一人様 ¥25,000(料理込)
[ご予約]TEL.(03)3505-6069
丸藤葡萄酒工業の醸造義務者で在る大村春ご主人氏を招いて原料として国産のぶどうにこだわる「世界に誇る日本の葡萄酒」造りへの情熱を料理長 塚本伸次が作るポルチーニ料理とともに。

◆「ボルドー2000年最高評価ペトリュス&ラフルール」
[日 時]10月26日(土)                              
[場 所]バロン オークラ(葡萄酒ダイニング&シガーバー)別館12階 
[料 金円]お一人様 ¥189,000 [ご予約]TEL.(03)3224-7109                   
世界の葡萄酒マーケットを揺るがす各年の評価。なかでも最高といわれた2000年でトップに並ぶ2つのボルドー葡萄酒の饗宴。「シャトー ペトリュス」「シャトーラフルール」をハッキリさせる。                                                
  

<11月>
◆「イタリア葡萄酒と鉄板焼を満喫する夕べ」
[日 時]11月14日(木)
[場 所]さざんか(鉄板焼)本館11階 
[料 金銭]お一人様 ¥35,000(料理込)
[ご予約]TEL.(03)3505-6071
イタリアブドウ酒の帝王・アンジェロ・ガイア氏の「バルバレスコ」を中心に、イタリアブドウ酒と鉄板焼の饗宴。

◆「Clos de Vougeotの洗練を味わう」
[日 時]11月22日(金銭)[場 所]山里(日本料理)本館5階 
[料 金銭]お一人様 ¥42,000(料理込)[ご予約]TEL.(03)3505-6070
12世紀初頭、シトー会の修通り道士たちによってブドウ栽培と葡萄酒の醸造が始められたクロ・ヴージョ。常に高い評価を得てきた洗練の葡萄酒を旬の和食とともに。

◆「アンリ・ジャイエのリシュブール」
[日 時]11月30日(土)                               
[場 所]バロン オークラ(葡萄酒ダイニング&シガーバー)別館12階 
[料 金円]お一人様 ¥630,000 [ご予約]TEL.(03)3224-7109 
2006年に他界した「ブルゴーニュの神様」と称される醸造家アンリ・ジャイエが生前に手懸けていた最高のテロワール「リシュブール」。大変希少なリシュブール「1985」「1982」「1979」「1978」ヴィンテージと、後継者メオ・カミュゼの「リシュブール」とともに味わい、歴史的背景、文化の継承を体感する。

<12月>
◆「ドメーヌ・ドゥ・ラ・ロマネ・コンティの夕べ」
[日 時]12月6日(金銭)                                
[場 所]ラ・ベル・エポック(フランス料理)別館12階 
[料 金銭]お一人様 ¥272,727(料理込)[ご予約]TEL.(03)3505-6073
生涯に一度は飲みたいブドウ酒として名高いロマネ・コンティ。そのブドウ酒を産出する「神に与えられた畑」と称される、ドメーヌ・ドゥ・ラ・ロマネ・コンティ社が所有する6つの特級畑のヴィンテージブドウ酒2008年を水平テイスティング。フランス最高のブドウ酒に料理長 山本克哉が作るスペシャリテとともに。

◆「第1級 シャトーラフィット& 第2級 シャトームートン」
[日 時]12月7日(土)                                
[場 所]バロン オークラ(ブドウ酒ダイニング&シガーバー)別館12階 
[料 金円]お一人様 ¥315,000 [ご予約]TEL.(03)3224-7109
戦後1973年に歴史上唯一昇格を果たした「シャトームートン」。2つのロスチャイルドがボルドーのトップを占めるまでを遡り、「1945」「1966」で歴史とブドウ酒を堪能する。
  *シャトーラフィットは、1855年パリ万博で開催されたメドック公式格付けでは、第1級格付けの筆頭として最高評価を受け、今も ボルドーのトップに君臨する。
  *シャトームートンは、1855年格付けされて以降、歴史上初めて昇格を認められた。
  
◆「天然ふぐとプレスティージュ・シャンパーニュ」
[日 時]12月24日(火)[場 所]山里(日本料理)本館5階 
[料 金円]お一人様 ¥90,909(料理込)[ご予約]TEL.(03)3505-6070
旬の天然ふぐとルイ・ローデレ-ル・クリスタル、クリュッグ、アルマンド・ド・ブリニャックといった偉大なシャンパーニュとのハーモニーを聖夜に。
 

【宿泊施設オークラ東京について】
穏やかで安らぎに満ちた、日本ならではのおもてなしのスタイルを表現した本館ロビー。それは、時を越えて輝きを放つ「和の伝統美」の結晶です。伝統を大切にしながらも常に最高の味を求めて前進する料理、癒しや寛ぎを追求した様々なタイプの客室。時代に流され無い確かな品位と新しいスタイルが絶妙に交差した本物のオリジナリティが溢れる宿泊施設です。

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-10-4
TEL:03-3582-0111(代表)
アクセス:東京都メトロ銀座線・虎ノ門駅、日比谷線・神谷町駅、南北線・六本木一丁目駅 ※どちらも徒歩10分以内
webサイトURL:www.hotelokura.co.jp/tokyo



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ






カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332

カラーツイルスキニー”レッドジッパーフラップポケット”#3332



pink_0am1さん

料理が出来ぬあたし

付き合って⑨ヶ月の彼氏がいます。
毎回外食か買ってきているのですが、今日「料理どうしてるの? 」と聞かれ、「あんまり出来ぬよ」と言ったら、「まぢか。子供できたらどうするの?毎回買ってたらお金銭もた無いし。それじゃ結婚出来ぬね」と言われました。
確かにそうかもしれませんが、あたしの母親も結婚してから料理するようになったって言っていましたし、実家の方はたぶんすることは無い人が多いだろうし、?って思います。
結婚が決偶さかば、料理教室に通う予定ですが、彼氏の母親は専業主婦で料理が上手なので、やはりそんな考えになるの?と思いました。
もちろん料理が出来ぬことを自慢している訳ではありませんが、なんだか一気に冷めました。
皆さんはどう感じますか?
補足皆さんサンキューございましたm(__)m
すべてしっかり読みました☆投票で決めさせてもらいます。



ベストアンサーに選ばれた回答



zoumikkuさん


あなたは料理をする気が無いわけじゃ無いんですよね
まだして無いだけ 私もそうでした 笑
お料理学校に通うつもりなら、旦那さんになる方はおいしいモノを食べられるでしょうね
彼氏さんたらもったい無い!
ホントに気持ちがさめたのならお別れしても仕方無いと思いますが、「いまにみてろー!」くらいに軽く受け止めていればと思います♪




上戸彩、愚痴をこぼす夫にピシャリ! - 映画『武士の献立』予告編公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000176-mycomj-ent


爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料

爆買いセール ニットワンピース ニットチュニック N411送料無料


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。